2017年11月18日 (土)

【デル】 XPS 8300の電源が落ちる

Img_3878

ここ数日、XPS 8300のWindows7が、何の前ぶれもなくいきなり落ちるようになった。

Windowsが落ちた後は、マザーボードのビープ音が、延々とピーピー鳴り響き、ディスプレイには何も映らなくなる。

またしてもWindowsの不調かなと思い、有給を取得。

システム復元用に作成したUSBメモリを使い、工場出荷状態に戻していると、SSDをフォーマットしている途中で、今度は復元用のプログラムが落ちる。

どうやら、Windowsの不調ではなく、PC本体が原因のようだ。

納品書を引っ張り出すと、2011年8月に購入しているので、6年経過したことになる。

そろそろ買い替え時なのかなと、古いノートパソコンでデルのHPを物色するのだが、デルのパソコンはサポートの種類がものすごく充実しており、どれを選べばいいのかさっぱりわからない。

ユーザーが求めているのは、そこじゃないような気がするんだけど。

新しいパソコンを注文するもの面倒になり、原因をあれこれ検索していると、同じような症状で、部品の端子をきれいにするだけで直る場合もあるらしい。

長年使っているパソコンは、部品の端子が汚れて接触不良を起こすことがあるのだという。

ダメもとで、大きなグラフィックボードやメモリをマザーボードから取り外し、ウエットティッシュで端子をシコシコと拭いてみる。

ついでに各ファンにへばりついたホコリをブロアーできれいに掃除する。

こんなんで直るの?と半信半疑だったけど、再度組みなおしてWindowsをインストールすると、なんと動くじゃない!

結果的に、SSDを工場出荷状態にする必要はなかったけど、危うく無駄な散財を免れることができてよかったー

 

Img_3881
↑再度組みなおしたところ。ついでにSSDのS-ATAケーブルを新品に取り替えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

初冬の思い出「尾瀬ヶ原」

Img_3749_2

連休の山歩きは、10月の日光白根山で懲りたつもりだったけど、11月の三連休に今度は尾瀬へ出かけた。

かみさんが、連休を利用して家の片づけをしたいとのことで、役に立たない男子は一日いっぱいどこかへ出かけることになったのだが、都内で時間をつぶすとお金がかかって仕方がないので、車で遠出することにした。

せっかくお金を使うなら、有効に使った方がいい。

早朝4時に子供と二人で家を出発し、関越道をのんびりと北上する。

最近は時間に追われてばかりで、大切な時間をつぶすなんて、贅沢どころか罪悪感すら覚える。

いつもは戸倉の駐車場に車を停めて、乗り合いタクシーで鳩待峠へ向かうのだが、この日はなぜか鳩待峠まで一般車の通行が可能になっていた。

戸倉から鳩待峠は道幅がとても狭く、サンデードライバーとしてはぜひとも乗り合いタクシーで向かいたいところだが、戸倉の駐車場には乗り合いタクシーが待っている気配もなく、仕方なくレガシイで鳩待峠を目指す。

対向車が来ないことを祈りつつ曲がりくねった細い道路を上がっていくと、道路わきに除雪した雪が残っている。

11月になったばかりなのに、この辺りはすでに雪が降るのだ。

対向車とは運よく、道幅の広いところで1台すれ違っただけで、30分ほど走って鳩待峠へ到着。

鳩待峠の駐車場には、一般車が数えるほどしか停まっていない。

どうやら、尾瀬の観光シーズンは、すでに終わってしまったようだ。

駐車場の係の人に、駐車料金2500円を支払い、尾瀬ヶ原を目指す。

2500円は高額だけど、戸倉の有料駐車場に車を停めて、子供と二人、乗り合いタクシーで鳩待峠を往復するよりは安い。

当初は尾瀬のメインルートから外れ、アヤメ平に行くつもりだったが、アヤメ平の入り口には雪が積もっていたし、人もそんなに多くなさそうなので、予定を変更して、尾瀬ヶ原へ下ることにした。

鳩待峠から尾瀬ヶ原へ向かって下り始めると、こっちにも雪が積もっていて、なんとも歩きづらい。

日陰は雪が凍っていて滑るし、日の当たるところは雪が溶けて今度は木道がツルツル滑る。

四苦八苦しながら、なんとか山の鼻へ到着。

ここから先の尾瀬ヶ原は太陽の光をさえぎる物がなく、木道の雪も溶けて歩きやすい。

牛首分岐からヨッピ吊り橋へ向かい、吊り橋手前を竜宮方向へ折れ、竜宮から山の鼻へ戻ってくるつもりだったが、途中の橋が修理中のため渡ることができず、本日はここで折り返すことにした。

普段は人が多くて修理できないので、シーズンが終わってから修理するのだろう。

それでも思いがけず、水の流れるかすかな音と、小鳥のさえずりしか聞こえない、静かな尾瀬ヶ原を歩くことができた。

さて、鳩待峠から尾瀬ヶ原へ向かうルートは、人気のメインコースだけど、歩き疲れた後の山ノ鼻から鳩待峠までの山登りがつらい。

今回も、雪が積もる中、途中から半そで一枚になり、最後の急坂を登った。

連休明けには戸倉から先の道路が通行止めとなり、尾瀬のシーズンは終わる。

かみさんは一人の時間を、わたしは静かな時間を過ごした三連休。

 

Img_3721
↑鳩待峠のアヤメ平入り口。雪が多そうなので、やめた。

Img_3729
↑尾瀬ヶ原ルートも雪が積もっていた。

Img_3734
↑尾瀬ヶ原へ到着。遠くの山は燧ケ岳。

Img_3740
↑こちらは至仏山。いづれ、至仏山の山頂から尾瀬ヶ原を見下ろしてみたい。

Img_3741
↑尾瀬ヶ原には大きな樹木もある。

Img_3747
↑尾瀬ヶ原名物の「逆さ燧(さかさひうち)」。

Img_3774
↑だれもいない休憩場所と至仏山。

Img_3792
↑牛首分岐から「ヨッピ吊り橋」方面へ向かう。

Img_3793
↑「ヨッピ吊り橋」の手前にある橋が修理中のため、本日はここで引き返す。

Img_3810
↑案内看板も冬支度。

Img_3811
↑山の鼻ビジターセンターは営業終了。

Img_3819
↑山の鼻から鳩待峠の登りは、疲れた体にこたえる。雪積もる中、半そで一枚になって歩く。

Img_3823
↑戸倉から先の道路は、連休明けから通行止めとなる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

初の日光白根山

Img_3672

10月の三連休、日光白根山に登ってみた。

計画当初は今年初の尾瀬に行くつもりだったが、ひと気の少ない場所へ行きたくて山に行くのに、連休のそれもなか日に尾瀬に行っても、閑散とした雰囲気なんて味わえそうもないので、今回は尾瀬の近くにある日光白根山に登ってみることにした。

朝4時前に家を出発して、関越道の沼田ICを降り、いつも立ち寄るコンビニは、おにぎりなどの手軽な食料がすべて売り切れ。

なんか嫌な予感がするなか、ロープウェイ山麓の駐車場に到着したのは8時。

多少は覚悟していたけど、ロープウェイ乗り場にはやはり長蛇の列が。

ある程度の人の多さは仕方がない、気分を取り直してロープウェイに乗り込む。

ロープウェイから眺める山肌は、紅葉が見ごろを迎えていた。

そして山頂駅には、いるいる、人がいっぱい。

尾瀬の場合、尾瀬ヶ原の他にも至仏山コースやアヤメ平のコースなど複数のルートがあるので、先へ進むほど人が間引かれていくのだが、山登りは基本的に全員が山頂を目指すため、スタートからゴールまで延々と長蛇の列が続く。

前の人のペースで歩き、後ろの人からのプレッシャーに耐え、野鳥ではなく人々の会話を聞きながら歩く様子は、鎌倉の大平山を思い起こす。

ルート上にはトイレがないので、水分補給も控えめになる。

そして、山頂を踏むための順番待ちは、人気ラーメン店顔負け。

歩き始めは青空が広がっていたのに、山頂の順番待ちしているうちにガスがかかり始め、ようやく記念撮影したときには、まさかの視界ゼロ。

下山ルートも急斜面を降りるための順番待ちでみんなイライラ、歩行距離は7km程度なのに、朝9時に歩き始めて、山頂駅に戻ってきたのが15時過ぎであった。

そして下りのロープウェイに乗るため、また並ぶ。

ここまでくると、登山者全員あきらめムード、みんなおとなしく並んでいた。

ようやく駐車場に戻り、ロープウェイ山麓のシャレー丸沼という宿で温泉に入る。

「いま少し混んでいますよ。」とのことだったが、風呂場には宿泊客が3~4人がいた程度。

我々サンデー観光客の「混む」とは、洗い場の順番待ちをするため、フルチンで行列を作ることであり、この程度の人数は混むうちに入らない。

すこぶる快適に温泉を楽しむことができた。

帰路は、沼田までの渋滞と関越道の渋滞を回避するため、日光から東北道に抜けたのだが、戦場ヶ原の手前から渋滞が始まり、いろは坂をノロノロ下って、日光道の料金所まで延々渋滞。

17時過ぎに丸沼高原の駐車場を出発し、家に到着したのは0時を過ぎてあった。

休日の観光地でのんびりするには、スキーと同じく、現地で一泊して次の日の朝に帰るのが賢明だけど、毎回宿泊していたのでは財布がもたないし、働いているうちは渋滞を乗り切る体力と、人ごみに耐える精神力を養うしかないのかな。

 

Img_3660
↑予想どおり、ロープウェイ乗り場には長蛇の列。

Img_3664
↑ロープウェイ山頂から見た、日光白根山。ここから山頂まで、延々と人の列が続くことになる。

Img_3667
↑森林限界を超えると、延々と続く人の列が丸見えに。なえる気持ちを抑える。

Img_3675
↑視界に入る山々は雲の下。

Img_3681
↑山頂が近づくにつれ、大きな岩が多くなってくる。

Img_3683
↑山頂付近、ものすごい人数が山頂を目指すも、山頂はあいにく1箇所しかない。

Img_3684
↑山頂までもう少しなのに、一向に先に進まず。

Img_3688
↑順番待ちの末、ようやく到着した山頂(2578m)。雲しか見えないし、次の人がイライラして待っているため、そそくさと撤収。

Img_3695
↑山頂から反対側へ少し下ると広場がある。そこから見える「五色沼」。

Img_3707
↑下山するのも順番待ち。並び疲れた。

Img_3709
↑下山ルートを下から振り返る。登りルートより急な斜面を降りてきた。みんなの膀胱は破裂寸前。

Img_3710
↑ロープウェイの麓にあるシャレー丸沼で日帰り入浴。この日、初めて人ごみから開放された。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

初の「あぶくま洞」

Img_3624

何年も前から気になっていた、福島県の「あぶくま洞」へ行ってみた。

これまで行く機会がなかったのは、なんとなく遠いから。

日帰りで行くには少し遠いし、泊りがけで行くほど行きたいわけでもない。

今回、行くことになったのは、かみさんが家で会社の試験勉強をするため、男性陣に外出指示が出たため。

当初は尾瀬に行く予定だったけど、数日前から足が痛くて、歩くどころか立っているのもつらかったので、移動の大半を車内で過ごす「あぶくま洞」行きとなった。

朝6時に出発して、常磐道をひたすら北上する。

高速道路は思いのほか空いており、渋滞するなく福島入りすることができた。

「あぶくま洞」は、磐越道の小野ICを降りた後、いたるところに案内看板が出ており、迷うことなくたどり着くことができる。

洞窟は一般コースと、追加料金を払うことによって歩くことができる探検コースがあり、せっかくなので探検コースを選択。

内部は最近のはやりか、鍾乳石や点在する池は、色とりどりのライティングで演出されている。

そして、追加料金を支払った探検コースは、アップダウンが激しいうえに、大人一人がようやく通ることができる狭い通路や、しゃがんでカニ歩きしてようやく通ることができるところなど、なかなかハードなコースだった。

足が痛いし。

昼は近くのあぶくま洞近くの「星の村ふれあい館」という田村市の施設で、「じゅうねん冷やたれうどんセット」を注文。

建物内には温泉もあるので、次回来るようなことがあれば入ってみたい。

なんか、久しぶりに観光した。

 

Img_3594
↑森の中に入り口がある。

Img_3612
↑洞窟内はアップダウンが激しい。

Img_3628

↑「あぶくま洞」の出口にある庭園。

Img_3635_01
↑田村市「星の村ふれあい館」

Img_3632
↑「じゅうねん冷やたれうどんセット」1000円

Img_3637
↑那須高原SAでは、交通安全イベントを開催していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

初の八甲田山

Img_3498_2

9月の三連休、実家への帰省ついでに八甲田山へ登った。

メンバーは、父親、妹の旦那、息子、私の男子4人。

妹の旦那に車を出してもらい、酸ヶ湯温泉の近くの大きな駐車場に車を停める。

今回のルートは、地獄湯の沢、仙人岱(せんにんたい)湿原、大岳(八甲田山山頂 1585m)、上毛無岱(かみけなしたい)、下毛無岱(しもけなしたい)を経て酸ヶ湯温泉へ戻る、八甲田山登山のメインコース。

山頂は風が強くて景色どころではなかったが、それ以外は雨に降られることもなく、厚くなく寒くなく、おおむね快適に歩くことができた。

運動不足のために足が痛くなったり、携帯電話を無くしたり、強風のため山頂で身動きが取れなくなったり。

コースタイム4時間35分予定のところ、なんだかんだで7時間近くかかった。

各人、アクシデント盛りだくさんな、忘れられない登山になったと思う。

私は、未だかつて、こんなに猛烈な風を経験したことがない。

途中で引き返す決断ができなかったことを反省しなければいけない。

さて、自然の怖さも体感したし、山頂からの景色は来年またみんなで登った時にって約束したよね?

 

Img_3490
↑駐車場近くの登山口

Img_3491_2
↑火山性ガスが噴出して、木や草が枯れてしまった一帯。硫黄の臭いがする。

Img_3500
↑地獄湯の沢。ここら辺までは、おおむね順調。

Img_3505
↑仙人岱湿原あたり。標高が上がりガスの中へ。これ以降、風も強くなり、大岳前後の写真は、ない。

Img_3516
↑大岳を越えた所にある、大岳避難小屋。実家で作ってもらった弁当を食べた。

Img_3517
↑標高が下がり、風も弱くなってくる。紅葉が始まっている。

Img_3521
↑上毛無岱に出る。

Img_3531
↑上毛無岱。いきものがかりは好きだけど、風が吹いていないって、いいな。

Img_3532
↑上毛無岱。尾瀬ヶ原のようだ。

Img_3537
↑上毛無岱。

Img_3544
↑上毛無岱から下毛無岱を望む。調子の悪いiPhonを再起動している間に、せっかくの眺望がガスに覆われてしまった。

Img_3549
↑下毛無岱。池塘(ちとう)がいい雰囲気。

Img_3565
↑酸ヶ湯温泉が見えてきた。生還。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

ベトナム・ハノイ

Img_3472

今年の夏休みは、家族3人でベトナムのハノイへ。

観光する場所から、朝・昼・晩の食事まで、何もかもがすべて事前に決まっているツアーだったので、何も考えなくても色んな場所へ連れて行ってくれるし、変な物を食べて腹を壊すこともなく、まるでお殿様になったようだ。

自由はまったくないけれど、行ったことのない国は、ツアーの方が何をするにも楽チンだ。

今回の日程は、三泊四日と少し短め。

前後の2日は移動で終わってしまうので、残り2日間で、陶器の村「バッチャン村」と景観が有名な「ハロン湾」、そして「ハノイ市内」を見て回った。

物価が安く、現地価格よりかなり高価な食事時の飲み物代も、気兼ねなく支払うことができる。

ただし、100円=約20000ドンと、桁がだいぶ多いので、支払いの都度スマホで「ドン×0.005」を計算して、多く取られていないか確認した。

 

ツアーガイドのチャンは、ベトナム語の他に日本語を話すことができる。

大学で日本語を専攻したのだそうだ。

聞くところによると、ベトナムは英語よりも日本語を覚えた方が、就職先を見つけるのに有利らしい。

ちなみに我々が滞在中に覚えたベトナム語は、「カムン」という「ありがとう」を示す言葉ただひとつ。

あとはまったく覚えられなかったけど、向こうの人たちはほとんどがカタコトの日本語とカタコトの英語を話すことができるので、こちらもなぜかカタコトになってしまう日本語と、カタコトの英語で会話が成立する。

お互い中途半端な英語での会話は、なかなか楽しかった。

ショッピングセンターの店員に、ウォシュレットの設置を要求したら、社長に伝えておくと言ってくれた。

 

今回、同じツアーに単身参加していた眉毛の細い佐藤君は、これまでイタリアとインドのツアー旅行に一人で参加したという。

個人旅行と言うと、自分で航空券を取得して、自分で宿を予約して、一人で行動するものだと勝手に思い込んでいたが、聞くところによると一人でツアーに参加する人は結構いるらしい。

安全なツアーで、一人旅を楽しむ佐藤君に、私は賛同した。

ツアーに必ず入っているお土産屋での対応方法さえ覚えることができたら、最高に楽しそうだ。

 

楽しい旅行もあっという間に終わり、日本に到着してまずすることは、入国審査ではなく、トイレに入ること。

ウォシュレットで尻を洗浄すると、日本に帰ってきたことを実感する。

そして、かみさんが家に到着してまずすることは、テレビの電源をつけること。

海外は楽しいけれど、我々は日本じゃないと生活することができない。

 

Img_3471_2
↑一泊目と三泊目はハノイの「アジア・ホテル」。一泊目は大雨、三泊目は日没到着そして早朝出発のため、建物は撮影できず。

Img_3323
↑陶器の村「バッチャン村」にある工房。説明しているのはツアーガイドのチャン。

Img_3343
↑バッチャン村

Img_3348
↑ハロン湾の港「トゥアンチャウ国際港」

Img_3349
↑今回乗船した、食事のできるクルーズ船。

Img_3362
↑ハロン湾をクルージング。

Img_3374
↑ティエンクン洞窟の船着き場。洞窟内は日本のそれと違って蒸し暑い。

Img_3383
↑2泊目のホテル「BMCタンロンホテル」。滞在中、停電が2回。

Img_3413_01
↑ホーチミン廟(びょう)。ホーチミン主席の遺体が安置されてる。

Img_3414
↑ホーチミン廟の近くに建つ「連邦政府庁舎」。

Img_3420
↑一柱寺。池に咲く蓮の花をイメージしている。

Img_3435
↑タンロン遺跡。

Img_3442
↑キン・ティエン殿。

Img_3444
↑ハノイ大教会。学生が昼食のため、いったん家に帰るところ。全員バイク。

Img_3464
↑夕方の帰宅ラッシュをバスの中から。これは見ごたえがある。

Img_3470
↑ハノイのレストランで、滞在中最後の夕食。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

子供料金

うちの子供は、気が付けば小学6年生。

そして、田舎に帰るときはいつも新幹線を使う。

新幹線は、12才以上が大人料金だけれども、12歳でも小学生のうちは子供料金で利用することができる。

いつも新幹線だし、たまには気分を変えて羽田から飛行機で帰ってみようとしたのだが、飛行機は小学生であっても12才は大人料金。

子供はいつの間にか12才だし、今回も新幹線で帰ることにした。

中学生になって、まだ親と一緒に行動してくれるようだったら、羽田から飛行機に乗ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

イベント終わった

うちの会社は、夏に幹部の異動がある。

そして、異動内示の日、幹部の異動名簿の最後になぜか幹部でも何でもない私の名前があり、僻地の閑職につくことに。

なんで???と驚いていると、うちの課長がツカツカっとやってきて、「やっぱお前いらないわ。」と言われて目が覚めた。

追い込まれているなー、自分。

4月は、新しい部署へ異動して、慣れない仕事にてんてこまいだった。

5月は、会社の昇級試験が終わり、今年も口頭試問へ進むことはなかった。

論文は毎回、規定の字数はクリアできるのだけれど、いかんせん、ネタが古い。

そろそろ、時点修正した論文を用意した方がいいかな。

7月の上旬、私が仕事の中でもっとも苦手とする、研修講師の大役が終わった。

人前に出るのは緊張してイヤだし、ましてや人に教えるなんて、あり得ないと思ってきたのに、そうとも言っていられない歳なのだ。

先週末は、マンションの夏祭りが終わった。

ここ数か月、平日は仕事、休日は夏祭りの準備と、楽しみにしていた尾瀬の水芭蕉は見れずじまいだった。

出店する店舗の電源管理や、販売コーナーで提供する物品の仕入れ、抽選会の景品の調達など、これまで経験したことのない役回りを担当したせいもあるけど、準備を進める中で、自分は団体行動やコミュニティーが苦手なんだということを再認識した。

自分の意見を押し通さず、様々な意見に折り合いを付けつつ、仲良く付き合っていくのが、それはもう面倒で、面倒で。

そんな研修講師も、夏祭りも、事前の準備があんなに大変だったのに、あっという間に終わってしまった。

そして、夏祭りの次の日、しっかりと風邪をひいた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

根曲がり竹

Img_3237

毎年恒例の会社の昇級試験が終わった。

事前に試験勉強するのだが、勉強しても内容がまったく頭に残らないので、体で覚えようとひたすらノートに書く。

しかし、手は疲れるし、漢字は書けないし、自分の頭の悪さ加減に呆れるばかりだ。

子供の脳は、スポンジが水を吸い込むように知識を覚えるというが、私のそれはさしずめ河原の石ころに小便をかけているといったところか。

吸収力の高い頭を持っている子供は、勉強したがらないんだけどね。

もったいない話だ。

ノートに書く前段の文章構成は、パソコンで行うのだが、試験数日前、ディスプレイの後ろからビリビリと青白い火花が散り、それっきり画面が映らなくなった。

廃棄するつもりだった古いノートパソコンで急場をしのいだが、パソコンは今や必需品なくせに、何の前ぶれもなくいきなり壊れるので、予備のパソコンを1台、持っていた方がいい。

 

さて、実家からタケノコが届いた。

根曲がり竹という実家のタケノコは、関東の孟宗竹と違い、細くて小さい。

皮をむいて味噌汁にすると非常に美味しい。

いつもはかみさんと子供が皮をむくのだが、勉強の現実逃避をするべく、私も少し手伝った。

先っぽの薄皮をいかにきれいにむくかが腕の見せ所だ。

子供のころは、春になるとよく親に手伝わされたものだが、久しぶりにやってみるとこれがまたうまくいかない。

子供に対して、勉強する姿どころか、タケノコの皮のむき方さえも見せられない父親であった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

勉強きらい

さて、ゴールデンウィークも最終日。

試験勉強はまったく進んでいない。

論文を書くためにパソコンを立ち上げ、まずはインターネットゲームで腕試し。

ゲームに飽きたら、ブログを更新する。

子供が勉強したがらない気持ち、理解できる。

本人には言わないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«小石川植物園