2018年11月 5日 (月)

安達太良山で紅葉狩り

Dscn0646

そういえば今シーズン、紅葉を見ていない。

ご多忙な息子の時間が確保できないのだ。

ひとりで出かければいいのかもしれないけれど、自分だけのために早起きしたり、長距離を運転するのは非常に多くのエネルギーと、かなり高いモチベーションを必要とするわけで、ひとりで出かけるつもりで朝早く起きても、眠いし面倒だからやっぱりやめたとなることが多い。

元来、出不精で面倒くさがりなのです。

このため、かなり前から行く日を決めて、かみさんや息子にスケジュールを調整してもらい、息子の空き時間をつくってもらう。

今回も、今週は学校のイベントが、来週はテスト勉強が、再来週はあれやこれがということで、11月3日をようやく確保した。

二人で出かけるといっても、息子は車の中では普段やらせてもらえない3DSに夢中だし、ゲームに疲れると一瞬で居眠りを始める。

山道を歩いているときも、息子は自分のペースでどんどん先に進んでしまうため、道中、会話らしい会話はほとんどない。

自分は普段、口数が少ないし、息子と一緒に行動できるだけで十分楽しいのだが、おしゃべりな息子はどのように思っているんだろう。

さて、肝心の安達太良山はすっかりと紅葉が終わっていて、紅葉どころか山の上にはうっすらと雪まで積もっている。

歩くと汗をかくし、休むと寒いので、そのたびに上着を着たり脱いだりけっこう忙しい。

今回は、「牛ノ背」という少しだけ遠回りのルートを歩き、「沼ノ平」という噴火口を眺めた。

噴火口の遠く見えるのは「秋元湖」、そして左奥の三角の山が「磐梯山」と思われる。

普段、街なかに住んでいると、地面は平らで、道路の下にはガス管や水道管が埋まっているのが当たり前と思ってしまうけど、本当の地球はデコボコしていて、地中にはガス管ではなくマグマが埋まっているのだ。

帰りの道中、「また行きたい」なんて言ってくれたら嬉しいなと思いつつ、息子はそんなことを言うはずもなく相変わらずゲームに夢中で、それでもいいやとのんびり渋滞にはまって帰った。

 

Dscn0607
↑ロープウェイ山頂駅の近くにある「薬師岳展望台」。高村光太郎の碑の奥が安達太良山の山頂。

Dscn0613
↑水はけの悪い道中は、雪が解けてぬかるんでいる場所が多い。

Dscn0614
↑紅葉の時期はきれいだったんだろう。

Dscn0627
↑山頂で休憩。眼下には福島県の街並みが広がる。

Dscn0636
↑「牛ノ背」コースを歩き、噴火口に向かう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

あだたら渓谷自然遊歩道とアクアマリンふくしま

Dscn0581

台風24号が接近中の土曜日、息子とドライブに出かけた。

当初は尾瀬に行くつもりで、習い事を休んだり、振り替えたりして、ご多忙な息子の予定をフリーにしたのだが、あいにく土曜日の尾瀬は朝から雨マークがついている。

天気が悪い日の尾瀬は、混んでいなくていいかもしれないけれど、息子とは晴れた日に歩きたい。

ところが、かみさんから出かけてほしいオーラがビシビシ出ており、とりあえず予定どおり朝の3時に家を出る。

関越道方面は朝から天気が悪いので、当てもなく東北道を北上し、途中のサービスエリアで早い朝食がてら各地の天気予報を調べると、福島あたりまで北上すれば午前中はなんとかもちそうだ。

目的地を福島に定めて東北道を北上し、またしてもあだたら高原リゾートへ。

今回は、ロープウェイ乗り場の近くにある「あだたら渓谷自然遊歩道」を散策。

7時半からのんびり歩き始めたのだが、思ったより距離が短く、1時間ほどで元のロープウェイ乗り場まで戻ってきてしまった。

山頂行きのロープウェイが動き出しているし、雨も降っていないけど、雲がだいぶ重くなってきたので登山はあきらめ、いわき市にある「アクアマリンふくしま」へ行ってみることにする。

息子は登山も水族館も、特別興味があるわけではなさそうだが、車に乗ると大好きな3DSがやりたい放題なので、今のところ、付き合ってくれる。

磐越道を東に走り、たどり着いた「アクアマリンふくしま」は、水族館のような名前をしているけれども、植物園のような場所で、鳥や昆虫、盆栽が展示されている不思議な施設。

イルカやシャチはいないけれども、大きな水槽の前に寿司屋があったり、釣り堀で釣った魚を料理して食べることができたりして、水族館とは生きた魚をいとおしく鑑賞するところだと思っていた自分は、知見が狭い。

天気が悪いせいだろうか、そんなに混んでいないのもいい。

施設内の食堂で、魚料理を食べ終わる頃にポツポツと雨が降り出したので、そろそろ帰ることにする。

帰路の常磐道は、バケツをひっくり返したような土砂降りだった。

 

Img_4715
↑早朝のためか、台風が接近しているせいか、サービスエリアは人影まばら。

Dscn0504
↑ロープウェイ乗り場の近くにある、あだたら渓谷自然遊歩道。

Dscn0516
↑川沿いに歩道が整備されている。

Dscn0539
↑30分も歩くと、遊歩道の出口に到着。

Dscn0542
↑遊歩道の出口から先は、林道を戻る。

Dscn0549
↑山頂行きのロープウェイが動き出していたけど、今回は我慢。

Dscn0556
↑「アクアワールドふくしま」に入ると、「ようこそ縄文の世界へ」との案内が。入る施設を間違えたかと、思わず入場券を見直してしまう。

Dscn0561_2
↑順路には植物園が。

Dscn0563
↑いたるところに盆栽が展示されている。

Dscn0576
↑一応、水槽もある。

Dscn0577
↑生きていない魚も展示中。

Dscn0578
↑小名浜を一望できる展望台まである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

至仏山 2018

Dscn0498

尾瀬ヶ原を高いところから眺めてみたいと思った。

尾瀬には、燧ケ岳(ひうちがたけ)と至仏山(しぶつさん)という、登ることのできる山がふたつある。

燧ケ岳は大清水の駐車場からだいぶ距離があり、山小屋へ一泊する必要がありそうだけれども、至仏山の方は、鳩待峠から直接アクセスすれば日帰りでも登ることができそうだし、尾瀬ヶ原から見た感じだと、山の傾斜もだいぶゆるそうだ。

安達太良山から二日後の平日、朝の3時に家を出発する。

息子は学校があるので、今回は一人で登る。

平日の6時半に戸倉の第一駐車場へ到着したのに、すでに280台の駐車場の半分近くが自家用車で埋まっている。

改めて、尾瀬の人気はすごいと思う。

乗り合いタクシーで鳩待峠まで行き、ほとんどの人が尾瀬ヶ原へ降りていく中、ひとり至仏山の登山口から登り始める。

雨は降っていないけど、早々に深い霧がかかる。

登山者にはポツポツと出会う程度だし、視界が悪くてなんだか心細い。

そのうえ、標高が上がってくると、ゴロゴロした岩が多くなってきて、岩をよじ登る場所も出てくる。

尾瀬ヶ原から見える至仏山とは、ずいぶん様子が違う。

引き返そうかどうしようか迷いだしたところで、山頂標識を発見。

喜んで写真を撮り、早々に帰ろうとしたところ、他の登山者がさらにその先へ進んでいく。

至仏山から「山ノ鼻」への道は、下り禁止なはずではと思いきや、標識をよく見ると「小至仏山」と書いてある。

なんと、至仏山の山頂はまだ先のようだ。

緊張の糸が切れてしまったし、どうしようか迷ったが、自分の少し前をご年配のグループがゆっくりと先へ向かうのが見えたので、離れてついていくことにした。

小至仏山から至仏山の間にも大きな岩が点在しており、視界が悪いうえに風まで出てきた。

昨年の八甲田山で猛烈な強風を経験して以来、少しの風でも怖いと思うようになった。

心臓がドキドキする。

それでも、先行するご年配グループを心の支えに、岩をよじ登り、至仏山の山頂に到着。

尾瀬ヶ原どころか何も見えなかったけれども、安達太良山と同様、次回へのお楽しみとして山頂を後にする。

山頂から鳩待峠へ下る途中、山の中腹あたりで一瞬だけ雲が切れ、尾瀬ヶ原が見えた。

今シーズン初めて目にする尾瀬ヶ原は、すでに草紅葉が始まっている。

昨シーズン、ぜひとも尾瀬ヶ原の水芭蕉を見に来ると心に誓ったはずなのに、今シーズンは水芭蕉どころか、尾瀬ヶ原さえ歩かず仕舞いだった。

相変わらず深い霧の中を歩き、12時半に鳩待峠へ到着、約5時間半の歩行であった。

霧がかかっているときは、地形が変化に富んでいる「アヤメ平」方面を往復した方が楽しめるかもしれない。

尾瀬といえば木道という、自分の中のイメージが大きく変わった、今回の至仏山であった。

 

Img_37402017
↑尾瀬ヶ原から見た至仏山(2017年撮影)。左のピークが小至仏山、右側が至仏山の山頂と思われる。

Dscn0479
↑鳩待峠の至仏山登山口。

Dscn0482
↑登山口から登り始めると、早々に深い霧に覆われる。

Dscn0492
↑途中に小さな湿原がひとつだけある。

Img_4672
↑岩が多くなり、これまでの木道の道とは様子が一変する。

Img_4676
↑ようやく到着したと思いきや、ここは小至仏山の山頂(標高2162m)。

Img_4682
↑至仏山へ登るには、こんな場所を登ることに。

Img_4683
↑至仏山の山頂近く。心細い。

Img_4685
↑至仏山の山頂に到着(標高2228m)。

Img_4692_2
↑至仏山の山頂から、尾瀬ヶ原方面を望んでいる、はず。

Img_4686
↑尾瀬ヶ原の「山ノ鼻」から延びる登山道は、植生保護のため下り禁止。

Img_4698
↑山頂近くは、ちらほらと紅葉が始まっている。   

Dscn0499
↑無事に鳩待峠へ到着。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

安達太良山 2018

Img_4650_2

三連休のなか日、息子と二人で福島県の安達太良山に登った。

連休中に家の片づけをしたいかみさんは、男子二人が邪魔だし、かたや自分は出かけたくて仕方がない。

幸い、息子も連休中は部活が無いし、宿題も多くないらしいので、山へ行くことにした。

尾瀬方面は天気が悪いため、関東周辺の天気を調べ、雨マークのついていない福島方面に決める。

宿をとっていないし、バスや電車の切符も買っていない。

山のふもとの駐車場に車をとめたら、元の場所へ降りてくるしかないけれど、車で行く山登りは気軽だ。

安達太良山は尾瀬より遠いけれど、東北道の二本松ICからそんなに離れていないので、日帰りで行けないことはなさそうだ。

早朝3時に家を出発し、ふもとのロープウエイ乗り場の駐車場に到着したのは、8時過ぎ。

8:30から動くロープウエイに早々に乗り込み、混みだす前に頂上にたどり着く。

数えるほどしかない登山経験だけど、山の頂上で休憩したのは初めてだ。

実際、頂上で少し休憩して来た道を下ったら、登山者グループが続々と登ってきたので、タッチの差だったのだろう。

曇っていなければ、頂上からの景色は素晴らしいらしいが、それは次回へのお楽しみだ。

その後、くろがね小屋という山小屋を経由して、ふもとまで林道を歩いて下った。

紅葉には早かったし、遠くの景色も見えなかったけれど、今回は人の少なさに感動した。

昨年度の日光白根山(リンク)のように、あまりにも人が多かったら、山登りせず温泉にでも入って帰るつもりだったが、山道も高速道路も空いていたし、早起きは何かとお得だ。

次回は、少し遠回りして「沼ノ平」という火口を覗いてみたい。

朝3時出発で。

 

Img_4618
↑動き出したばかりのロープウエイに乗り込む。

Img_4623
↑曇っていて、景色は見えない。

Img_4626_2
↑ロープウエイ山頂からしばらくは木道が整備されているが、その先は普通の山道。ぬかるんでいる場所も多い。

Img_4628_2
↑秋は紅葉が見事らしい。

Img_4630
↑山頂が近づくと、傾斜もきつくなる。

Img_4633
↑山頂付近。ポッコリ盛り上がっており、乳首というらしい。

Img_4636
↑頂上へ行くには、ハシゴを登る。

Img_4646
↑安達太良山の山頂、標高1700m。人の少なさに感動。

Img_4653
↑くろがね小屋ではトイレを借りることができる。ここから延々と林道を下る。

Img_4655
↑くろがね小屋の上は、ふもとの岳温泉の温泉源。

Img_4660
↑終点は、朝のロープウエイ乗り場。冬はあだたら高原スキー場として営業している。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

夏休みが終わった

学校の夏休みがようやく終わる。

小学校時代の宿題も多かったけれど、中学生となった今年は、宿題の量が格段に増えた。

息子は、毎日毎日勉強するようにせかされて面白くないだろうし、やる気のない息子を叱り続ける方も骨が折れる。

放っておけばいいのかもしれないが、毎年、夏休みの最終日には宿題が終わらないと大騒ぎになり、親を巻き込んで徹夜同然で宿題をするのがわかりきっているものだから、親としてもさっさと終わらせてほしい。

ここでいう親とは母親のことを言い、自分は勉強ができないし、そもそも勉強が大嫌いなので、これに関して口出しはしない。

自分たちが子供の頃は、夏休みの宿題なんてこんなに量がなかったし、やってもやらなくても先生に叱られておしまいだったが、今は勉強して当たり前だし、学校側も親が子供へ干渉するように言ってくる。

勉強しなければ大学どころか高校にさえ行けないし、就職もできない。

そのため、今年の夏に息子と外出したのは、実家への帰省とバス旅行の2回だけで、今シーズンは尾瀬にも行っていないし、週末恒例のラーメンさえ食べに出かけることがなかった。

兄弟がいないし、いつまでも親と一緒に遊べるような気がしてたけど、そろそろ、息子を当てにしない休日の過ごし方を考えた方がいいのかもしれない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

飛騨高山方面バスツアー

Img_4612

夏休みのイベント第二弾は、かみさんプロデュースによる飛騨高山方面一泊二日のバス旅行。

国内のバスツアーは、独身時代のスキーが最後だったような気がするけど、かみさんが段取りしてくれたので、喜んで参加します。

新宿への集合時間と、台風13号が関東へ最接近する時間が重なり、電車の運行状況によっては参加できないところだったが、台風進路が若干東へそれたため、遅刻することなく集合できた。

今回のツアーは、一日目に「上高地」を散策し、夜は新穂高ロープウエイ山頂で星空観賞、二日目は、「白川郷」と「飛騨高山」を散策して新宿へ帰る、欲張りな行程。

このため、1か所当たりの滞在時間が1時間半と短く、目的地ではひたすら急ぎ足だけれども、様々な場所へ連れて行ってくれるので、次回のマイカー旅行、または、時間に余裕のあるツアーに参加するための事前視察と思えばいい。

指定されたシートに座り、車窓の景色を眺め、景色に飽きたら小説を読み、眠くなったら居眠りする。

自分で運転するのとは、また違った楽しさがある。

我が家の夏休みは終わったけど、長時間、変な姿勢で居眠りしてたので、いまだに首が痛い。

 

Img_4521
↑最初の目的地は「上高地」。川にかかる橋は、上高地のシンボル「河童橋」。

Img_4497
↑「河童橋」周辺の遊歩道を散策。大正池はまた次の機会に。

Img_4503
↑西穂高岳への登山口。いつの日か歩いてみたい。

Img_4504
↑熊が出るけど。

Img_4518
↑雲の向こうに穂高連峰があるらしい。

Img_4530
↑宿泊は、奥飛騨温泉郷・新平湯温泉「薬師のゆ本陣」で早めの夕食。旧館をベースに、今風の西館と別館が併設されており、古さゆえの不便はない。

Img_4549
↑夕食後、2階建ての新穂高第2ロープウエイに乗る。薄暗い中をかなりのスピードで上昇していくため、怖くて泣き出す子供も。2150mの展望台で星空観賞。ロマンティックな雰囲気の中、トイレのウォシュレットにひとり喜ぶ。

Img_4561
↑二日目最初の目的地は、「白川郷」。滞在時間が短いため、常に急ぎ足。そして、時には走る。

Img_4593
↑山に囲まれた集落は無風なうえ猛烈に暑い。折りたたみ傘を広げて、頭皮を守る。

Img_4599
↑最後の目的地は「飛騨高山」。高山ラーメンを食べて、古い街並みを歩くも、人に酔って時間切れ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

垂乳根のイチョウ

Img_4466

夏休みを利用して、実家へ帰省した。

息子は、夏休みの部活のスケジュールがなかなか判明しないため、切符の手配ができず、いつもの新幹線での帰省を断念して、レガシーで帰ることに。

片道 700km 弱の長距離を運転するのはかなり大変だけれど、いつでも出発することができるし、荷物も大量に持っていくことができる。

交通費も2人以上の場合は自動車のほうが安いし、高速道路の休日割引や深夜割引を適用できれば、もっと安くあげることができる。

金はかかるけど速くて安全な新幹線か、安いけど事故や取り締まりや体力など様々なリスクのある自動車かは、その時の状況次第。

でも、自動車の最大の利点は、知らない人と一緒に過ごさなくてもいいこと。

人混みは、毎日の通勤で精いっぱいだ。

今回は、かみさんも同行してくれるので、もしもの時は運転を代わってもらえると思ったのだが、どうやらかみさんは運転免許を忘れたらしい。

人間、思っているだけでは、相手に気持ちは伝わらない。

 

実家に滞在中、青森市の「三内丸山遺跡」と、深浦町にある「青池」を観光した。

いつもは、実家へ帰っても観光なんてしないのだが、普段、「時間がない」が口ぐせのかみさんを実家で退屈させるわけにはいかない。

「三内丸山遺跡」は、雨にもかかわらず、なかなか盛況な客足であった。

「青池」は、なるべく人のいなそうな場所を選んだつもりだったが、外国人観光客が大型バスで次から次へとやってきて、ここが日本だということを失念してしまいそうな勢い。

観光地に、静けさを求めてはいけないと思った。

 

Img_4441
↑三内丸山遺跡のシンボル、見張り台。

Dscn0392
↑深浦町にある十二湖の中のひとつ、「青池」。なんと池の色が青い。

Dscn0418_2
↑「両面シダ」というらしい。葉の表と裏の見分けがつかない、きれいなシダ。

Dscn0433
↑深浦町の「千畳敷海岸」。

Dscn0456
↑北金ヶ沢にある日本一の銀杏、「垂乳根のイチョウ」。樹齢1000年以上、高さ31m。遠くから見ると、ただの森。

Dscn0452
↑垂乳根(たらちね)が見事な幹回りは、怒涛の22m。どのように計測すれば22mになるのかについては、案内看板に記載なし。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

XPS 8300 再び Windows 10 へ

Dsc_0024_3

以前、XPS 8300 の Windows 7 を Windows 10 へ無償アップグレードした後、PCの調子が悪くなり、やむを得ずWindows 7 へ戻したまま、無償アップグレードが期限切れになってしまい、以降、Windows 7 のまま使ってきた。

ある時、Windows 10 の購入方法を調べていたら、一度でも Windows 10 へアップグレードしたPCは、いつでも Windows 10 へアップグレードできるらしい。

「この PC を以前 Windows 10 にアップグレードしたことがあり、再インストールしようとしている場合は、プロダクト キーを入力する必要はありません。Windows 10 は、デジタル ライセンスを使用して、後で自動的にライセンス認証されます。」

無償アップグレードの期間は過ぎているけど、今でも Windows 10 にすることができるってことだろうか?

「ツールを今すぐダウンロード」ボタンをクリックし、ダウンロードされたプログラムを実行すると、プロダクトキーを入力することなくアップグレードが完了した。

壁紙やインストール済みのプログラムはそのまま残っており、画面左下のウインドウズボタンを押さなければ、Windows 10 になったことすらわからない。

Microsoft の例のページにたどり着かなければ、2万円近くする Windows 10 を買っていたかもしれない。

無償サービスのサポートなんて、積極的にアナウンスする必要ないものね。

2年の歳月を経て、再び Windows 10 となった我が家の XPS 8300 であった。

 

◆Microsoft Windows 10 のダウンロード

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

 

◆(過去記事)XPS-8300はwindows10のアップグレードに対応していない

http://patri.cocolog-nifty.com/main/2015/12/xps-8300windows.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

XPS-M1330 の処分と HDD データ消去

Dscn0391

DELLのノートパソコン、「XPS-M1330」を処分することにした。

ネットやスキャナ程度ならまだ使えるんだけど、Dropbox というクラウドフォルダサービスが Windows Vista のサポートを終了し、デスクトップPCやスマホで更新したファイルを閲覧したり、更新することができなくなった。

ネットで調べると、M1330 には Windows 10 がインストールできるらしいのだが、ドライバ類の更新が少々面倒らしい。

デスクトップPCは、部品をプラモデルのように組み立てて、空のHDDへOSをクリーンインストールするだけなので、自分の乏しい知識でもなんとかできるのだけれど、ノートPCは各部品がそのマシン専用にカスタマイズされていて、素人の手には負えないような気がする。

ウイルスバスターも Windows Vista のサポートを終了したし、新しいノートPC買っちゃったし。

そんなわけで、M1330 を DELL に引き取ってもらうべく排出方法を調べていくと、

「お客様は、排出コンピュータの引渡しまでに、お客様の責任において、プログラム・データ等を全て消去してください。弊社では回収後物理的に破壊しておりますが、それらの破壊・漏洩等について、一切の責任を負いません。」

との注意書きが。

幸い M1330 の HDD は2.5型SATAの汎用品が入っていて、ネジを4本外すだけで本体から取り出すことができる。

取り外したHDDを玄人志向のHDDケースに入れて、デスクトップPCとUSBケーブルで接続し、EaseUS Partition Master Free というフリーソフトを使ってデータを消去した。

EaseUS Partition Master Free は、HDDの複製を作ったり、データを消去したりするには、非常に便利なフリーソフト。

唯一残念なのは、ダウンロード時に入力するメールアドレスへ、全文英語の製品紹介メールが届くこと。

せめて日本語に翻訳されていると、有償版の購入を検討する人が激増するような気がするのだけど。

消去作業を念のため2回行い、まっさらになった HDD を M1330 に戻す。

空き箱へ梱包し、DELL から送られてきたゆうパック伝票を張り付けて郵便局へ持っていけば、作業完了。

モバイルデータ通信カードを契約して、外出時に持ち歩いたこともあった M1330 だけど、最後は拍子抜けするほどあっけない。

 

◆DELL のコンピューターリサイクルサービス

https://www.dell.com/learn/jp/ja/jpcorp1/campaigns/environment-recycle-corp-jp

 

◆EaseUS Partition Master Free の日本語公式ページ

http://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html

1_2
↑ドライブを選択して、消しゴムボタンを押すだけでデータを消去してくれる、便利なフリーソフト。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

子供部屋・完成

Dscn0387

自分が使っていたサンルームを空けた。

息子が独立するまでの間、息子専用の部屋とするためだ。

リビングに隣接した2畳ほどの小さな部屋だけど、ガラスの引戸は布で間仕切りしてあって、リビングからの視覚を遮断できるし、電源、テレビアンテナ、LAN、電話線が接続可能なコンセントもある。

床のテラコッタタイルはヒンヤリ冷たく、夏でも扇風機だけで過ごすことができる。

多少気合が必要だけど。

 

週末にちまちま片付けても全くはかどらないので、平日に仕事を休み、朝から一気に片付けた。

片付けたと言っても、自分の物を物置部屋に移動しただけ。

机と本棚以外の本や雑貨類を運び出し、掃除機をかけ、壁紙の汚れは消しゴムでこすって落とした。

引っ越してから8年ほど経つけど、大事に使ってきたので、おおむね入居当時の状態に戻った。

子供部屋、完成。

自分だけの空間があるっていいものだ。

 

さて、自分と共に追い出された大量の「物」が、物置部屋に山積みとなっている。

この「物」たちがどうすれば片付くのか、まったく見当がつかないので、とりあえずパソコンだけは使えるようにした。

秘密基地のようだと言えば聞こえはいいが、6畳の部屋に人間のスペースは座布団1枚分。

相変わらず、スキャンとシュレッダーを繰り返している。

 

***

息子よいずれ独立するよね?

                ***

Dscn0379
↑お気に入りのブックシェルフもそのままに。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«スキャン&シュレッダー