« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月28日 (日)

高血圧かも

会社で定期健康診断があった。

血圧を測定すると、なんと152/94mmHgもある。

「高血圧治療ガイドライン2009」によると、診察室で測定した血圧(病院・診療所等で医師・看護師により測定された血圧)が140/90mmHg以上、家庭で測定した血圧が135/85mmHg以上を「高血圧」とするらしい。

看護師さんが、「走ってきました?」と訪ねるが、そんなことはない。
エレベーターに乗り、廊下をのらりくらりと歩いてきた。
思い当たるとすれば、採血前で緊張していることくらいだ。

若い頃は、注射がこわいと声を大にしてきたが、さすがにそれはカッコ悪い歳になってきた。
とりあえず各種検査後に再測定することにして、採血や心電図コーナーを回る。
そして、再び測定すると128/78mmHg。
しっかりと標準値である。
看護師さんはしきりに不思議がっていたが、「おかしいですね」と、お茶を濁した。

歳をとると、言いたくても言えないことが多くなる。

毎年、気の重い健康診断であるが、今年もなんとか乗り越えることができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

NWD1473

P1002980

洗面所の照明スイッチの調子が悪くなった。

スイッチの接触が悪くて、オンにしても明かりがふと消えてしまうのだ。
マイナスドライバーで、スイッチのカバーを外してみると、中の部品を取り替えるだけで良さそうだが、感電しそうでこわい。
幸い、マンションの2年目点検があったので、修理をお願いした。
業者さんに部品を取り寄せてもらい、作業は5分で終了。

ちなみに、ここのマンションのスイッチは東芝製。
スイッチ部品の市場シェアは、ナショナル8、ジンボ1、東芝1の割合らしく、どこの業者さんも基本的にナショナル製の部品しか持ち歩かないらしい。
だから、スイッチを修理するには、現地で部品メーカーの確認、部品を取り寄せて後日作業と、無駄な手間と時間と、なにより余計な出張代がかかる。

作業を観察していると、部品さえ取り寄せることができれば、自分で取り替えることができそうだが、作業するには電気工事士の資格が必要だし、部品を買うときも資格免許の提示を求められることがあるとのこと。

残念。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

耳垢栓塞(じこうせんそく)

何かの拍子に、左側の耳が聞こえなくなることがある。

耳の奥に水が溜まっているような感じがし、話し声が聞き取れない上に、自分の声が頭の中でワンワンと響きわたるので、これがまたイライラする。
いつもは2~3日我慢すれば、あるときふと治っていたりするのだが、今回はいっこうに治る気配がない。
耳の穴が小さいのか、はたまた湾曲しているのか、綿棒が奥まで入っていかないし、「ののじ爽快ソフト耳かき3連ループタイプ」でも目的地にたどり着かないので、仕事を休んで耳鼻科に行った。

はたして、診察台の上に横になり、耳の穴を何かの器具でガサゴソしてもらうと、あっさりと治った。
処置名は「左耳垢栓塞除去(複雑なもの)」。
要するに、耳垢が詰まっていただけ。
わざわざ、仕事を休んで病院まで耳垢を取りに来たのかと思うと、恥ずかしいような、時間がもったいないような、何とも複雑な気持ちになったが、とりあえず元どおり聞こえるようになった。

しかし、こんど聞こえなくなったらどうしようか、思案している。
なんといっても、ただの耳垢だから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »