« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月10日 (日)

プチ独身最終日(鎌倉散策)

プチ独身生活最終日のイベントは鎌倉散策。
寺社を巡って心の洗濯をしてきた。

鶴岡八幡宮・・・人が多すぎて辛い。

Imgp2355
↑鶴岡八幡宮 画面の外は人ばかり。

円応寺・・・ここの閻魔堂には運慶が作ったとされる閻魔像が、十王像のひとつとして祀られている。
閻魔堂の中は撮影禁止なのだが、知ってか知らずか閻魔像の写真を撮りまくる人もおり、そんな客を別の客(女性)が「地獄に堕ちろ」と毒づいていた。
お客さま、この世もすでに地獄かと。

Imgp2357
↑円応寺の鐘 閻魔像は撮影禁止

建長寺・・・入山受付の態度がひどい。
観光客に対する口の聞き方や入場券をたたきつけるような渡し方、関東屈指の観光地の対応とはとても思えない。
個人の資質の問題なのだろうが、入り口であのようなぞんざいな態度をとられては境内で何を見ても感動しないけど、せっかくなので写真は撮った。

Imgp2358
↑建長寺 三門

Imgp2362
↑建長寺 竹林

Imgp2363
↑建長寺 展望台から建長寺を望む

明月院・・・建長寺の最奥にある半僧坊の奥はハイキングコースとつながっており、アップダウンの激しい山道を数km歩くと明月院にたどり着く。
別名「あじさい寺」として知られるほどあじさいの花が見事らしく、「6月はあじさいより人の数の方が多いのよ」と観光客のおばさま方が談笑していた。
蝋梅(ろうばい)の花の香りがまたいい。

Imgp2370_2
↑名月院 お洒落な地蔵さん

Imgp2376
↑名月院 蝋梅が見事

今回は昼近くから午後にかけての散策であったが、鎌倉で本当に心を落ち着かせたいのであれば、早朝から午前中までが勝負であろう。
次回はもう少し早い時間に攻めてみたい。

イイクニ作ろう鎌倉幕府。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓮田サービスエリア(上り線)

Imgp2348
↑蓮田SA(上り線)

旅行会の酒がようやく抜けたら、今度はラーメンが食べたくなった。
それも豚骨系のコッテリしたやつがいい。
でも、夜中にやっているラーメン屋ってよく知らないし、外は非常に寒い。
どうしたものかと調べたら、東北道の蓮田サービスエリアに一風堂があるじゃないの。
24時間営業していることを確かめて、お出かけついでに練馬でレガシイを洗車し、東北道に乗る。
一風堂があるのは上り線のサービスエリアなので、蓮田SA(下り線)のスマートICから外に出て一般道を北上し、久喜ICで再び東北道に入り、蓮田SA(上り線)に戻ってくる。

はたして一風堂は、フードコートの中にあった。
時間が時間なだけに、フードコートには客がほとんどいない。
閑散とした店内で、待望の豚骨ラーメン「白丸とんこつ」をスープまで残らず飲み干す。
疲れた胃袋に豚骨スープがしみたね。

酒を飲まない夜はまるで充実感がないけど、眠気さえなんとかできれば時間を有効に使えるのがいい。

Imgp2349
↑蓮田サービスエリア(上り線)店舗一覧

Imgp2354
↑一風堂 NOODLE EXPRESS

Imgp2352
↑白丸とんこつ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

会社の旅行会(石和温泉)

Imgp2345
↑石和温泉からみた南アルプス(左:農鳥岳3025.9m、右:間ノ岳3180.3m、右端に少しだけ白く見えるのが北岳3193.2m)

家長とキングさんが、保育園時代のメンバーとスキー旅行に出かけた。
わたしもスキーに連れて行ってもらう予定だったのだが、スキーの初日が会社の旅行会の2日目と重なってしまい、やむを得ず?欠席した。

わたしの旅行会は、以前、湖のほとりの事務所にいたころのメンバーで、かれこれ20年近くのおつき合いになる。
今回は、当時の先輩が定年退職することになったので、お祝いを兼ねて石和温泉でしこたま酒を飲んできた。
気心の知れたメンバーと飲むのは非常に楽しく、ある程度は覚悟していたのだが、やはりというか予定どおり飲み過ぎてしまった。
石和温泉から帰ってきてからスキー旅行に合流する案もあったのだが、何も食えないし、頭痛はひどいし、合流することにしてなくて本当に良かった。

昼過ぎに帰ってきてから昼寝して、ようやく復活したところ。
酒はちょっと飲む気になれないし、明日のスイミングスクールもお休みなので、これからダラダラと夜更かしするのだ。

P1003051

P1003050
↑新宿駅で見かけたウグイス色にラッピングした山手線

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

500円玉貯金

P1003042

P1003034

何年前に始めたか忘れてしまったけれど、コガネ持ちになりたくて始めた500円玉貯金の缶が満タンになった。

おつりなどで500円玉を入手したら、決して使わずに缶へ入れ続けたのだ。
缶切りで穴をあけて中身を取り出し、重量を計ると7kg近くある。
夜勤明けの平日、銀行窓口でカウントしてもらったら、489,500円だった。
惜しかったが、ほぼ50万円である。

さて、ほぼ50万円の使い道には、いくつかの選択肢がある。

1.銀行の普通貯金口座に入れておく
2.住宅ローンの繰り上げ返済
3.転がす

まずは銀行の普通貯金口座。
ネットで調べると普通貯金の金利は現在0.020%なので、1年後には50万100円となる。
利息で缶コーヒー1本買うことができない。
ちなみに、同じ銀行のカードローン金利は15.000%なので、50万円を1年借りると575,000円返さなければならない。

次に住宅ローンの繰り上げ返済であるが、ローン残高がありすぎて50万円程度では残高が減ったように見えない。
実際、繰り上げ返済が有効なのはわかっているのだが、せっかくの50万円が海の藻屑となってしまうような気がして、いまいち気分が乗らない。

そもそも、今まで無いに等しいお金なのだから、ここは少額だけど転がしてみたい。
転がし方は、みんなやってる投資信託。
購入銘柄などの詳細は日を改めて報告するかもしれないが、とりあえず投資信託について少し勉強してみようと思う。

そして500円玉貯金は缶の穴を塞ぎ、数年後のほぼ50万円を目指して再スタートしたのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »