« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年3月

2014年3月28日 (金)

ナナコカードにQUICPay

Img_0159

iPhone5sには、「おサイフケータイ」機能が付いていない。

以前使っていた二つ折り携帯電話(ガラケー)には、「おサイフケータイ」というクレジットカード支払いのできる電子マネー機能がついていて、コンビニなどでは財布を取り出さなくても買い物が出来てとても便利だったが、今は普通に財布から小銭を取り出して買い物している。

suicaやpasmoでも事前にチャージした金額分の買い物が出来るのだが、こちらは交通系のクレジットカードからしかチャージができないので、駅の券売機でチャージする手間が増えるだけ。

ところで、セブンイレブンのナナコカードには、QUICPay(クイックペイ)という電子マネー機能が付いており、これまではsuicaやpasmo同様、特定のクレジットカード(セブン・カードやセブンカード・プラス)だけが対象だったのだが、最近、セブンカード以外のクレジットカードでもQUICPay機能が使えるようになった。

早速、クレジットカードのHPから申し込みを行い、1週間ほどで登録完了通知が送られてきた。
カードを財布から取り出すひと手間があるけど、ナナコカードのチャージ残高を気にすることなく買い物ができるし、ささやかではあるがクレジットカード使用分のポイントが付く。
もっと便利にならないかと思い、試しにナナコカードとsuica定期券を重ねて自動改札機にかざしたら、通ることが出来た!
IC切符同士重ねると改札機を通ることが出来ないが、IC切符とナナコカードは信号の種類が違うのだろう。
定期券入れにナナコカードを入れておけば、財布を取り出すことなく買い物が出来てすごく便利。

ところで、QUICPay支払いであれば、このナナコカードを使ってデイリーやローソンでも買い物が出来る。

知らない人は、ローソンでナナコカードが使えると思ってびっくりする。

Imgp2844
↑ICカード2枚重ね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

PENTAX OptioS用互換バッテリー「D-LI8」

Img_0168

iPhone5Sには、800万画素もある高性能カメラが付いているのだが、カメラを使うにはロックを解除してからカメラアイコンをタップするか、ロック画面でコントロールセンターを呼び出してカメラ機能を立ち上げる必要があるのだが、焦ると操作ミスしてしまい、カメラ機能がなかなか立ち上がらなくて、ここぞと言うときのシャッターチャンスに弱い。

かたや以前から持っているペンタックスのOptioSは、2003年3月発売の古いコンパクトデジカメで、今どき320万画素しかないのだが、すべて機械的なボタンを押して操作するため、操作ミスがないのが利点。
しかし、こちらはバッテリーがまったくダメで、3~4枚撮っただけでバッテリーが空になってしまうので、これまたシャッターチャンスに弱い。

バッテリーを買い替えればいいのだけれども、デジカメ自体がだいぶ古いうえに、ペンタックスの純正バッテリーは3千円以上もするので、なかなか踏ん切れないでいたところ、アマゾンで互換バッテリーなるものが安く売っていることを発見。

2個セットで、なんと1080円という激安品。
まだ3月なのに端数の80円が気になるけど、それでも1個500円は安い。
アマゾンのレビューには、バッテリーを削らないとカメラ本体に入らないとかあったけど、わたしのOptioSには加工無しですっぽりと収まった。

ここ最近、新しいコンパクトデジカメが欲しいと思っていたのだが、しばらくiPhone5SとOptioSを併用して様子を見ようと思う。

そういえば、わたしにはもう一台、ニコンのD70という古いデジタル一眼もあるのだが、カメラが良くてもいい写真が撮れるとは限らないことを理解して以来、出番がない。

Img_0160

Img_0163

Img_0167

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

鎌倉散策

毎週日曜日は子供のスイミングスクールがあり、今まではわたしが付き添いをしていたのだが、最近は一人で出かけて着替えて練習し、家まで帰って来ることができるようになった。
三連休最終日、スイミングスクールの後、家長と子供の二人で近くのショッピングモールまでドラえもんの映画を観に行くことになり、終日わたしの出番は無し。
このため少し早起きして、鎌倉まで散歩に行ってきた。

朝7時に家を出て、ガラガラの東海道線に乗り、9時前に鎌倉に到着。
これまたスカスカの江ノ電で極楽寺まで行き、極楽寺、鎌倉七口のひとつ「極楽寺坂切通」を通り、成就院、御霊神社、長谷寺を見学。

10時前には長谷寺へ到着したのだが、長谷寺は「アジサイ寺」として有名なこともあり、だいぶ参拝客で混み合ってきたため、散歩はここで終了。
有名どころは、朝早くに見学してしまった方がいい。
長谷駅から江ノ電で鎌倉まで戻り、ワンフロア貸し切りの横須賀線グリーン車で帰ってきた。

行きも帰りも空いていて、持って行った小説を1冊読み終えてしまった。
だいたいどこの寺院も朝8時から開門するようなので、次回はもう少し早く出発してひと気の少ない鎌倉を散策したい。

Imgp2824
↑江ノ電「極楽寺駅」

Imgp2825
↑「極楽寺」 境内は撮影禁止

Imgp2827
↑「極楽寺坂切通」この右上に「成就院」がある

Imgp2830_2
↑「成就院」

Imgp2834
↑「成就院」から見た由比ヶ浜

Imgp2835
↑「御霊神社」 三連休だってのにテレビドラマのロケやってた

Imgp2837
↑「長谷寺」 人の多さにうんざり

Imgp2841
↑江ノ電「長谷駅」

Imgp2842
↑「横須賀線グリーン車」 ワンフロア貸し切り

Imgp2845
↑是枝裕和「そして父になる」 久しぶりに小説を読んだ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

こまった定食屋

たまに夕食を食べるチェーン店の定食屋がある。

たまにしか行かないのは、注文してから出来上がるまで非常に時間がかかるからなんだけど、久しぶりに行ったこの日も注文の品がなかなか出てこない。
仕舞いには、わたしより後に来た隣のおじさんが頼んだ定食の方が早く出てきたうえに、わたしが頼んだ定食と同じものを食べている。
そして、ようやく運ばれてきた定食は、わたしが注文した物ではない。
そうこうしているうちに、後から来たおじさんがさっさと食べ終わり、帰り際わたしに「申し訳ない」と言って帰って行った。

つまり、わたしが頼んだ定食を店員が間違えて隣のおじさんに運んでしまい、隣のおじさんは自分が頼んだ物じゃないけれど、来る物拒まず食べてしまったのだ。
しばらくして店員がやってきて、肉を焦がしてしまったので、作り直す時間を6分くれという。
こらこら、間違えて隣のおじさんに食わしちゃったんだろう?
店の接客マニュアルなのだろうが、変わったマニュアルがあったものである。
そして、約20分後に運ばれてきた定食は、肉がカリカリに焦げていた。

こんな感じなものだから、この店はよく客ともめている。
ある客は頼んだ物がいつまでたっても来ないと顔を真っ赤にし、混んでいる日は入店しても案内に来ないのは当たり前。
店の規模と店員の数が合っていない。

しかし、わたしは怒らない。
騒いでも謝罪させてもわたしは何も得をしないし、客に嘘をつく店に何を言っても何も伝わらない。
そのような役目は、最近よく目にする「キレるおじさん」に任せておくのが賢明だ。

そして、わたしはまたこの定食屋に行く。

だって、おいしいんだもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

鬼のお面

Img_0119

旬をだいぶ過ぎてしまったが、子供が学童保育で作成したお面である。

ものすごく似ているのだが、誰に似ているかについてはちょっと言えない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

クレジットカードのポイントについて

Img_0156

一枚だけ持っているクレジットカードの、古いポイントの有効期限が近づいてきた。

ポイントを交換する際、自分で金を出してまで買わないような、持っていなくてもまったく不自由ではない品物を選択する。
前回は、自動車のシガーソケットから電源をとって使うことができる小さな冷蔵庫をもらった。
夏の外出時に冷たいジュースを飲みたいと思って交換したのだが、トランクに置いておくとジュースを取り出すのが不便だし、助手席に置くとアクセルやブレーキのたびに冷蔵庫がゴロゴロ転がって運転に集中できないので、今は物置部屋の置物として使っている。
これを自分のお金で買ったとなると、無駄な買い物に後悔してしまうところだけど、ポイントでもらった物だから「まあいっかー」とあきらめがつくし、もしかしてそれが非常に便利な代物だったらそれはそれでうれしい。

ところが最近、この手の商品が少なくなってきた。
代わりに掃除機や鍋などの実用的な商品や、アマゾンやナナコなど、他のポイントへの移行サービスが目に付くのだが、ポイントを移すだけってのもなんだか味気ない。

結局、缶ビールを1箱もらった。
ポイントを円に換算すると、普通に店で買った方がずっと安いのだが、欲しい品物が他に見あたらなかったのだ。
実用的で間違いがない。
一滴残らず消化する自信があるけど、あれこれ迷う楽しみがない。

サービスの質を落とすのなら、年会費も一緒に下げてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

石打丸山スキー場

Img_0154

日帰りで、新潟県の「石打丸山スキー場」に行ってきた。

ここは、高速道路のインターチェンジから近いし、山頂から一番下まで初級者コースがあるので、子供も退屈しないかなと思ったのだ。
朝4時に家を出発して高速道路の渋滞を回避し、リフトが動き始める8時より少し前に到着。
土日のスキーは、これしかない。
この日は一日中深い霧で、途中から雨も降り出したため、画像は朝、メモ代わりに撮影した山頂での1枚のみ。
「この霧って例の微粒子じゃない?」なんて家長が言うものだから、大自然の清浄な空気を満喫するどころではなくなってしまった。

スキー場は全体的に初心者向きじゃない。
リフトを乗り継ぐ場合、平地もしくは少しだけ斜面を登る必要があり、初級コースもところどころ初心者には厳しい斜面が多い。
こぶ斜面と急斜面にしか興味が無いスポ根な時期もあったが、今では滑りやすく圧雪されたフラットな緩斜面や、乗り継ぎしやすいリフトにすっかり慣れてしまった。
逆に考えれば、コースは変化に富んでおり、初心者を卒業すれば楽しいスキー場ということだ。

ところでここは、スノーボード天国。
客の大半がボードで、スキー客はちらほらしか見かけない。
個人的な感覚だけど、客の8割、いや9割近くがボードであり、ボード専用のコースやボード専用らしきリフトまである。
どこのレンタルショップも、スキーはおまけ程度にしか置いていない。
スキーもボードも上から下へ滑るので、滑る際の不自由はないのだが、ボードはリフトを降りた先で全員座るので、スキーの取り回しが苦手な子供はボードを回避するのに手間取っていた。

帰りは、日帰り入浴もできる「石打ユングパルナス」という宿で温泉に入り、あいかわらず洗い場の順番待ちをするため、フルチンで行列に並んだ。
わたしは普段、行列のできる場所には一切近寄らないのだが、自分も混雑のうちの一人と割り切るしかない。
リフト券の裏に100円割引券、宿のHPに200円割引券がそれぞれ掲載されている。

そんなわけで、今回が今シーズン最後のスキーになる予定。
子供は相変わらずスキーの取り回しが苦手で、いったん転ぶとなかなか起き上がることができないけど、リフトの乗り降りや肝心の滑りは少しずつ上手になってきた。
さて、来シーズンもスキーに行きたいと言ってくれるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »