« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月24日 (火)

リフト1日優待券

Img_1771
 
スキー板を購入した神田小川町のショップから、セール販売の案内が届いたので、ガラガラポンを回しに行ってきた。
 
ガラガラポンを1回まわすために電車に乗って出かけるのもどうかと思うけど、かみさんと子供は朝から遊びに出かけてしまったし、自分の身の回りを少し片づければ、あとはダラダラと過ごしてしまうので、やはり出かけることにした。
 
昼飯がてら駅前の回転寿司で上ウニとアサリの味噌汁を食べて、読書がてら電車に乗って小川町へ向かう。
 
家で読書しようとしても、パソコンや布団など、まったく頭を使わなくても時間のつぶせるアイテムがたくさんあり、なかなか本に手が伸びないので、本を読みたいときは外出するに限る。
 
さて、わざわざ出かけて回したガラガラポンの結果は、なんとスキー場の1日優待券。
 
抽選ものに当たったのは、記憶がある中ではファミコン用だったかメガドライブ用だったか忘れてしまったけれど、ゲーム雑誌の懸賞でジョイスティックが当たったとき以来なので、これには驚いた。
 
せっかく遠くまで来たので、板とストックを宅配便で送るとき用のスキーケースを買った。
 
スキーには毎年2~3回しか行かないけれど、楽しみな季節がやってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日)

Transcendの512GB SSD (TS512GSSD370S)

1521

 

メインで使っているデスクトップパソコン「DELL-XPS 8300」のHDDをSSDに取り換えてみた。

購入したSSDは、Transcend(トランセンド)の512GB(TS512GSSD370S)。

XPS 8300のHDDは1テラバイトもあるのだが、ほとんどのデータは外付けHDDに保存しているし、SSDは値段が高いので、ケチって512GBにした。

 

1522
↑3.5インチ用のブラケットが同梱されているので、本製品だけでPC内部に固定できる。

 

以前、ノートパソコンのHDDをSSDに乗せ換えたときに使った玄人志向のHDDケースに、SSDを入れてデスクトップパソコンとUSB接続し、TranscendのHPからダウンロードしたクローンソフト「SSD Scope」で簡単にCドライブのコピーが完了。

ところが、System Cloneのオプション欄にあるExtend Disk(拡張ディスク)というところにチェックを入れなかったせいか、SSDのパーテーションがたった73GBに。

再度チャレンジしたのだが、クローンソフトがTranscendのSSDじゃないからダメみたいなエラーを出して動かなくなってしまった。

通常、HDDをコピーする場合は、コピー先の容量がコピー元と同じか又は大きな方が、無難に作業できるわけで、逆のパターンは素人のわたしにはハードルが高かったな。

 

1530_2
↑コピー先の容量が大きいければ、簡単にクローンが作成できる(はず)。

 

結局、PC購入時に作成したリカバリディスクを使い、Windows7をSSDにクリーンインストールした。

ウインドウズのアップデートや、各種ソフトウエアをインストールしなおす手間がかかるけど、退避させるデータがほとんど無いので、ひたすら淡々と作業を続ける。

これは後で知ったのだが、「EaseUS Partition Master」というフリーソフトで、パーテーションを拡張できるらしい。

さて、SSD仕様となったXPS 8300は、Windows7もクリーンインストールされて、電源ボタンを押すとホントあっという間に起動が完了するようになった。

次回、PCを購入する場合、多少割高であってもSSD以外の選択肢は、無い。

 

1535
↑HDD増設用の本体ブラケットにSSDを装着したところ。

1536
↑本体ブラケットをPCに固定する。元のHDDはケーブルを外してそのままに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年11月 1日 (日)

郵政株

11月に上場される、郵政3社の株式を購入してみることにした。

日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の株式を入手し、長期間保有してそれぞれの値動きを観察してみたい。

新聞を見れば、わざわざ買わなくても動きがわかるけど、人の金を一生懸命観察する気にはならないからね。

幸い、少額の投資信託を買った証券会社があるので、そこに購入をお願いした。

希望額は言い値。

ちなみに、言い値のことを証券会社では「ストライク」と言うらしい。

新聞には、「株式投資になじみのない個人が、投資に踏み切るきっかけになる。」なんて調子のいいことが書いてあり、わたしもひとつ踊らされてみることにしたのだが、抽選の結果はなんとすべて落選。

ゆうちょ銀行とかんぽ生命はもしかしたら難しいかなとは思っていたが、大量発行される日本郵政までダメだったとは。

ここで株式の本を買って調べてみたのだが、落選の原因は2点ほどありそうだ。

まず、人気の高い新規公開株を手に入れるには、幹事となる証券会社に口座を持っている必要があるということ。

わたしが購入をお願いした証券会社はこの主幹事会社に名前がなかったので、割り振り数が少なかったことが予想される。

そして次に、購入先の証券会社の優良顧客であること。

証券会社に預けてある資産が多いほど購入の優先度が高くなり、わたしのようにしょっぱい金額を預けてあるくらいでは、話にならない。

証券会社の担当は、「またいつでも買えるので、ご連絡しますよ。」なんて言っていたが、丁重にお断りした。

落選はバッターアウトとでも言うのかしら。

ここでいったん頭を冷やし、株式はしばらく勉強してからにしようと思うが、購入先については考える必要がある。

優良顧客にはなれないけど、せめてビッグネームに口座を開設しておくべきだろう。

世間はやはり、金持ちに優しいのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »