« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月21日 (日)

上越国際 2016(3回目)

Img_1877

今シーズン3回目の上越国際。

いつもは友人家族と一緒に行っているのだが、今回はかみさんが休みたいということで、子どもと二人で行くことにした。

スケジュールは土日の一泊二日。

子どもいわく、子どもと私の二人だけで実家以外に泊まるのは、今回が初めてらしい。

そうだったかな?

土曜日の早朝3:30に家を出発し、いつものレンタル屋で子どものスキー用具一式をレンタルし、7:30頃スキー場へ到着。

スキーシーズン最高の時期に来たつもりだったが、なんだか生暖かいし、昼過ぎからパラパラと雨まで降り出した。

今年は一体、どうしてしまったのだろう。

朝からガンガン滑り、子どもは疲れたようだし、私もすっかりひざが笑ってしまったので、15時にはスキー場から撤収し、日帰り温泉へ出かけて汗を流した。

スキーレンタルはいつもどおり割り引きしてくれるし、夜は何も言わなくても新潟の地酒「鶴齢(カクレイ)」が出てくる。

他人との付き合いは私がもっとも苦手とする分野だけど、それでも顔を覚えてもらえるのはうれしい。

子ども相手に酒を飲み、早々に寝た。

日曜日は雨。

パラパラどころか、シトシトと降っており、傘なしで外に出るのはつらい。

ほかの宿泊者がしぶしぶスキーに出かけていく中、私たちはいつもどおりスキーをすることなく新潟をあとにした。

今年は一体、どうしてしまったのだろうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

ラード補給

今週末、かみさんと子どもは保育園時代の親子たちと、一泊二日でスキーに出かけている。

かく言うわたしは留守番、食事以外は家の中でじっとしているわけだが、昼寝の合間に食事をし、お気に入りの音楽を小さな音量で流しながら、読みさしの本数冊を回し読みしている。

独身なら当たり前であろう静かな週末を堪能しているものの、これが毎週続くとなるとさすがに飽きるんだろうな。

特に食事が「やばい」。

毎回外食では、ジョギングで絞った腹まわりにラードを付けるようなものだ。

さて、小腹もすいてきたし、これから近所の飲み屋へラード補給に行って参る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上越国際 2016(2回目)

Image1


1月最後の週末、再び上越国際へ出かけた。

今回はだいぶ雪も積もり、滑ることができないのは上級者用1コースだけとなっていた。

前回は長蛇のリフト待ちに辟易したが、今回は雪があるのにずいぶん客が少なく、リフト待ちもほとんどない。

どこのスキー場にも雪が積もり、客が散ったのかもしれない。

 

画像は、当間第8ゲレンデ。

ふもとに日帰り駐車場があるわけでもない盲腸のようなコースで、リフト乗り場にある茶処「田舎屋」も営業しておらず、人が少なく滑りやすい。

これでもう少しデコボコとコブがあれば最高なんだけどな。

わたしはひと昔前の板をずらす滑り方しかできないので、圧雪されたフラットバーンでは、カービングスキー前後のエッジが引っかかり、非常に滑りにくい。

いちど父親にカービングスキーの滑り方を教えてもらったことがあるのだが、曲がるときはもちろん、ターン終了後もひざを曲げておく必要があり、非力なわたしにはちょっとしんどい。

踏ん張るのはターンするときだけがいい。

 

宿は前回と同じところ、宿泊代を清算するときに今回分を予約しておいたのだ。

レンタルスキーはふもとのレンタルショップで宿の名前を出すと割り引いてくれるし、宿では宿泊者割引でリフト券が購入できる。

土曜日しかスキーをしないので、運転手のわたしが頑張れば日帰りでも行けないことはないのだが、レンタル代やリフト券は安くなるし、同行するかみさんたちも食事の手間から解放されるとなれば、どうしても夜の宴会つきコースを選択してしまう。

宿で宴会ができるのであれば、スキーは子供たちに付き合う程度でいい。

そして、日曜日は次回の予約をしたのち、新潟を後にするのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »