« アマゾンと無料ブックカバーサービス | トップページ | 2016年(平成28年)大晦日 »

2016年11月19日 (土)

大平山(鎌倉市)

Img_2860

【行動データ】

2016.11.13(日)晴れ・日帰り・子供と二人

JR北鎌倉駅11:00 大平山12:50 鶴岡八幡宮14:15 JR鎌倉駅15:00

歩行時間4:00(休憩含む)、歩行距離約7km、交通費等実費約0.5万円

---------------------------------------------------------

もっと手軽に山歩きができないものかと、電車に乗って向かった先は北鎌倉。

建長寺の境内の最奥から入山し、「天園ハイキングコース」を歩き、鶴岡八幡宮へ抜ける。

山歩きの魅力は静けさにあると個人的には思っているのだが、さすがは関東を代表する観光地、すんごい人。

山の中に入れば人も少なくなるかと期待したが、前にも後ろにも人だらけ。

そして、なぜかみんなよくしゃべる。

耳栓を持ってくればよかった。

静けさには程遠いが、山道は足場の悪い場所やロープにつかまって昇り降りするところもり、トレッキングシューズと軍手が必要だ。

都内の樹木はだいぶ色づいてきたので、紅葉も期待したけれど、鎌倉のそれはまだまだ先のようである。

良かったことは、車を運転しなくてもいいので、昼食時にビールが飲めたことかな。

手軽さと静けさは、両立しない。

 

Img_2822
↑天園ハイキングコースの入り口、建長寺。

Img_2824
↑天園ハイキングコースへ行くには通行料が必要。大人300円、子供100円。

Img_2826
↑境内は「ヒメツルソバ」が見ごろ。

Img_2836
↑建長寺の一番高い場所にある展望台から、人だかりを望む。

Img_2839
↑道中はなかなか険しい。軍手が必要な場所もある。

Img_2842
↑大平山山頂(鎌倉市最高地点)。標高159.2m。山頂の隣にはゴルフコースの駐車場が広がり、ちょっと残念な景色。

Img_2849
↑山頂から少し進んだところにある「天園休憩所」。人が多すぎて休憩できず。

Img_2850
↑天園休憩所の先にある分岐点。「獅子舞経由鎌倉宮」の方へ向かう。

Img_2857
↑小川に沿って歩く道もあり、スニーカーではきびしい場所もある。

Img_2862
↑出口。このあと遅い昼食をとって帰った。

|

« アマゾンと無料ブックカバーサービス | トップページ | 2016年(平成28年)大晦日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172066/64493202

この記事へのトラックバック一覧です: 大平山(鎌倉市):

« アマゾンと無料ブックカバーサービス | トップページ | 2016年(平成28年)大晦日 »