« お正月 | トップページ | かたしな高原スキー場 »

2017年1月22日 (日)

ホワイトワールド尾瀬岩倉

Img_3021

【行動データ】

2017年1月8日(日)~9日(月)一泊二日

宿泊:片品村「山楽荘」

---------------------------------------------------------

2017シーズン初のスキーは、ホワイトワールド尾瀬岩倉スキー場から。

スキーヤー専用の「かたしな高原スキー場」は、雪不足のためリフトが1本しか動いていないし、子供たちはコブがなければどこでも滑ることができるようになってきたので、今回、関東のビッグネームに挑戦してみることにした。

早朝3時30分に家を出発し、関越道の沼田ICから尾瀬方面へ向かう。

道路には雪がなく、運転は非常に楽だ。

尾瀬岩倉は有名なだけあって、宿の紹介があってもリフト券がほんの少ししか割引にならないが、ゴンドラはあるし、ゲレンデもコブ斜面あり、ロングコースありで変化に富んでおり、飽きずに滑ることができる。

しかし楽しいスキーもつかの間、午後、子供たちは母親たちの強い希望により、残念ながらスキースクールへ入校することに。

子供たちはゲレンデを自由気ままに滑りたいのだが、親はもっともっと君たちに上達してもらいたいのだよ。

肩を落とす子供たちをスクールへ送り届け、親は滑りに専念。

いつもは滑り半分、面倒見半分で、体より口の方が疲れるんじゃないのかなと密かに思っているのだが、子供たちがスクールでがんばっている間、親は黙々と滑りまくった。

私は久しぶりにコブ斜面を攻めてみたのだが、今どきのコブって昔の丸いコブと違い、三角定規のようにとがっているのね。

コブの頭で板をクルクル回転させる私の滑り方では、スキーが常にコブに引っかかり、スムーズに滑り降りることができない。

昔はコブ斜面が大好きで、人工的な圧雪バーンにはまったく興味がなかったのに、なんか、「私の時代は終わったんだな」って感じがした。

夜は、宿で夕食がてら酒を飲む。

群馬県の地酒「譽國光(ほまれこっこう)」が疲れた体に染みわたり、どっぷりと深い眠りにつく。

次の日はスキーをしないで帰るのだが、渋滞を避けるためと、地酒を飲みたいがためにあえて地元へ宿泊する。

割高なんだけど、私はこの行動パターンが大のお気に入り。

 

Img_3023
↑ベースゲレンデ。雪が少ないため標高の低いところは人工降雪でカバーしている。

|

« お正月 | トップページ | かたしな高原スキー場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172066/64742248

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトワールド尾瀬岩倉:

« お正月 | トップページ | かたしな高原スキー場 »