« 勉強きらい | トップページ

2017年5月29日 (月)

根曲がり竹

Img_3237

毎年恒例の会社の昇級試験が終わった。

事前に試験勉強するのだが、勉強しても内容がまったく頭に残らないので、体で覚えようとひたすらノートに書く。

しかし、手は疲れるし、漢字は書けないし、自分の頭の悪さ加減に呆れるばかりだ。

子供の脳は、スポンジが水を吸い込むように知識を覚えるというが、私のそれはさしずめ河原の石ころに小便をかけているといったところか。

吸収力の高い頭を持っている子供は、勉強したがらないんだけどね。

もったいない話だ。

ノートに書く前段の文章構成は、パソコンで行うのだが、試験数日前、ディスプレイの後ろからビリビリと青白い火花が散り、それっきり画面が映らなくなった。

廃棄するつもりだった古いノートパソコンで急場をしのいだが、パソコンは今や必需品なくせに、何の前ぶれもなくいきなり壊れるので、予備のパソコンを1台、持っていた方がいい。

 

さて、実家からタケノコが届いた。

根曲がり竹という実家のタケノコは、関東の孟宗竹と違い、細くて小さい。

皮をむいて味噌汁にすると非常に美味しい。

いつもはかみさんと子供が皮をむくのだが、勉強の現実逃避をするべく、私も少し手伝った。

先っぽの薄皮をいかにきれいにむくかが腕の見せ所だ。

子供のころは、春になるとよく親に手伝わされたものだが、久しぶりにやってみるとこれがまたうまくいかない。

子供に対して、勉強する姿どころか、タケノコの皮のむき方さえも見せられない父親であった。

 

|

« 勉強きらい | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172066/65335929

この記事へのトラックバック一覧です: 根曲がり竹:

« 勉強きらい | トップページ