« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月25日 (月)

初の八甲田山

Img_3498_2

9月の三連休、実家への帰省ついでに八甲田山へ登った。

メンバーは、父親、妹の旦那、息子、私の男子4人。

妹の旦那に車を出してもらい、酸ヶ湯温泉の近くの大きな駐車場に車を停める。

今回のルートは、地獄湯の沢、仙人岱(せんにんたい)湿原、大岳(八甲田山山頂 1585m)、上毛無岱(かみけなしたい)、下毛無岱(しもけなしたい)を経て酸ヶ湯温泉へ戻る、八甲田山登山のメインコース。

山頂は風が強くて景色どころではなかったが、それ以外は雨に降られることもなく、厚くなく寒くなく、おおむね快適に歩くことができた。

運動不足のために足が痛くなったり、携帯電話を無くしたり、強風のため山頂で身動きが取れなくなったり。

コースタイム4時間35分予定のところ、なんだかんだで7時間近くかかった。

各人、アクシデント盛りだくさんな、忘れられない登山になったと思う。

私は、未だかつて、こんなに猛烈な風を経験したことがない。

途中で引き返す決断ができなかったことを反省しなければいけない。

さて、自然の怖さも体感したし、山頂からの景色は来年またみんなで登った時にって約束したよね?

 

Img_3490
↑駐車場近くの登山口

Img_3491_2
↑火山性ガスが噴出して、木や草が枯れてしまった一帯。硫黄の臭いがする。

Img_3500
↑地獄湯の沢。ここら辺までは、おおむね順調。

Img_3505
↑仙人岱湿原あたり。標高が上がりガスの中へ。これ以降、風も強くなり、大岳前後の写真は、ない。

Img_3516
↑大岳を越えた所にある、大岳避難小屋。実家で作ってもらった弁当を食べた。

Img_3517
↑標高が下がり、風も弱くなってくる。紅葉が始まっている。

Img_3521
↑上毛無岱に出る。

Img_3531
↑上毛無岱。いきものがかりは好きだけど、風が吹いていないって、いいな。

Img_3532
↑上毛無岱。尾瀬ヶ原のようだ。

Img_3537
↑上毛無岱。

Img_3544
↑上毛無岱から下毛無岱を望む。調子の悪いiPhonを再起動している間に、せっかくの眺望がガスに覆われてしまった。

Img_3549
↑下毛無岱。池塘(ちとう)がいい雰囲気。

Img_3565
↑酸ヶ湯温泉が見えてきた。生還。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »