« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月17日 (水)

有名人の住む街

Img_3986

有給をとって、上京したての頃に住んでいた場所へ行った。

わざわざ有給で行ったのは、当時使っていた地元銀行の通帳を解約するためだ。

上京してからこれまで、転勤するたびに住む場所も変えてきたのだが、引っ越すたびに地元銀行の通帳を作るものだから、家には通帳が何冊もある。

ほんの少しの財産を分散させておいても不便なだけなので、最近、時間がある時に数ある通帳を統廃合している。

ここの地元銀行の通帳はもう何年も眠らせたままだし、このあたりは土地の値段が高い。

当時は独身寮だったから住むことができたけど、自力ではとても住むことができないので、解約することにした。

当時は、有名アイドルやプロ野球選手が住んでいるらしいという噂を聞くたびに一喜一憂したものだが、結局、誰とも出会うことはなかった。

久しぶりに降りた私鉄の駅は、それは小さな駅だったはずだが、すっかり近代的な駅ビルに変わっている。

久しぶりすぎて、あまり懐かしさも感じないので、さっさと銀行へ向かう。

さて、通帳には1020円しか入っていなかった。

記帳していない円が大量に入っていたら株を買うつもりだったが、未記帳分は長年の利息が12円という残念な結果に。

十代の頃に作った通帳だから仕方がないのだろうけど、スイカにチャージしたらなくなってしまった。

Img_3985
↑当時、毎日のようにかよった酒屋は無くなっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

川場スキー場 2018

Img_3958

1月の三連休初日、私がもっとも苦手とする、休日の日帰りスキーに出かけた。

苦手な理由はただひとつ、混むから。

スキー場はもちろん、行きも帰りも大渋滞。

疲れた体で、日没の渋滞を運転するのは、それはしんどいものである。

週末スキーヤーには申し訳ないけど、考えただけで行きたくない。

独身の頃、スキーはボーリングと肩を並べる人気のレジャーだったこともあり、休日のスキー場なんて、リフト待ちで一日が終わってしまうといっても過言ではない状態、スキーは平日に行くものだった。

しかし、子供も学校に行きだし、スキーのために学校を休ませるわけにも行かず、最近は、土曜日にスキーを楽しんだ後は宿に一泊し、日曜日の朝早く東京へ帰るのが定番のパターンなのだが、なぜか、子供がスキーに行きたいと言い出した。

ゲームにしか興味を示さない子供のやる気、大切にしたい。

しかし、年末に帰省した際の新幹線代で懐がさびしく、泊まりは辛い。

ここは心を鬼にして、苦手な日帰りスキーにチャレンジすることにした。

場所は、首都圏からアクセスの良さが売りの、群馬県は川場スキー場を目指す。

だけど、安易に渋滞にはまって行き、渋滞にはまって帰りたくはない。

まずは朝3時に起床し、4時に家族3人で出発する。

ところで、家族3人で外出するのは、昨年の夏にベトナムへ行って以来だろうか。

我が家は、家族そろって出かけることの珍しい家族なのである。

準備の手間を省くため、着替え等は一切持っていかず、スキーウエアを着込んでいく。

それでも高速道路のパーキングエリアはすでに混雑しており、トイレの個室は順番待ち、食事スペースは空きが無い。

恐ろしい。

さっさと朝食を済ませてパーキングを出発し、なんとか渋滞が始まる前に高速道路を降り、7時半にスキー場の駐車場へ到着することができた。

スキー道具をレンタルしたり、あれこれ準備をしているうちに8時開始のリフトも動きだし、まずはひたすら滑る。

気温が低いうえに雪が降っており、雪質はふかふかしていて滑りやすい。

昼食も混雑を避けるため、10時半にレストランへ入る。

そして午後2時にはゲレンデを後にし、2時半に駐車場を出発、途中、温泉にも入らず、パーキングにも寄らず、車の数が多くなりつつある高速道路をひたすら帰りを急ぎ、渋滞前に高速を抜けることができた。

家に到着したのは、夕方の5時半。

上出来である。

こんな日帰りスキーだったら毎週でも行きたいところだけど、リフト券やレンタル代、高速代やガソリン代を計算すると結構かかっており、どのみちスキーは気軽なレジャーとは言いがたいのであった。

 

Img_3967
↑ゲレンデ中腹。少しのあいだ雪がやんだ。

Img_3963
↑ゲレンデ中腹のレストラン。時間が早いため、このすばらしさ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

大鰐温泉スキー場 2018

Img_3939

年末は、子供と二人で実家へ帰省した。

29日に帰って、31日に戻ってくる、何ともせわしないスケジュールなのだが、色々な事情があるので仕方が無い。

 

ここ数年は雪が少なく、実家での年末スキーは毎回空振りに終わっていたのだが、今シーズンは年内にオープンできたようだ。

地元にいる妹夫婦に車を出してもらい、弟家族と合流してシーズン初のスキーを楽しんだ。

親族との再会、宴会にスキーと、非常に楽しい年末を過ごした。

 

年末にスーツを新調した。

すっかり張り出したウエストを引っ込めることを前提に、スラックスのウエストをかなりきつめに設定したのだが、年末年始の暴飲暴食でとても着れる状況ではなくなってしまった。

今から走りこんだとしても、着ることができるようになるのは夏ごろになるだろう。

新年早々、失敗した。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »