« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月13日 (火)

スキースクール(たぶん初めて)

Dscn0062
↑悪天候の中、スキー場のリフトを乗りつぎ、武尊山へ向かう人たち。

 

私のスキー技術は、幼少の頃に父親から教わった、基礎スキーがすべて。

以降、スキースクールの類は一切経験したことがなく、よって、私の滑り方は当時のまま時代が止まっている。

当時は、自分の背丈よりはるかに長い板をずらしながら滑るのが基本で、エッジで雪を切って滑るカービングスキーとは滑り方が根本的に違った。

自分の滑り方が、今の滑り方と違うことはわかるので、リフトに乗っている時は他人の滑りを眺め、「カッコいいな」と思うところは真似するようにしてきたのだが、「カッコいい」と感じる滑り方もいろいろあり、最近は、何かカッコいいのかわからなくなってきた。

さっさとスクールに入ればいいのだろうが、スキーは楽しければそれでいいと思ってきたし、本音を言えば、自分の唯一の得意分野とも言えるスキーの滑り方を否定されるのが怖い。

どんな人にも、他人よりほんの少しだけ上手にできることがあって、それが心の支えになっていると思うし、私の場合はスキーがそれに当たる。

数年前にスキーを再開してから、ずいぶんと長い間どうするか悩んだが、この壁、やはり越えたい。

幸い、かみさんもスクールに入りたがっているようなので、三連休のなか日、家族3人で川場スキー場へスキーを教わりに出かけた。

半日レッスンと一日レッスンがあったけど、渋滞する前に帰りたいので、午前のみの半日レッスンを申し込む。

かみさんと私は一般レッスン、子供はキッズスクールへ入校した。

さて、私の滑りに対してコーチは、「山側のスキーを浮かさない。」、「足を閉じすぎない。」、「体の上下運動をしない。」など、ほぼ全面的にダメだししてくれた。

多少、覚悟はしていたけど、カービングスキーに昔の思い出は通用しないようだ。

代わりに最新の滑り方を教えてもらい、「お尻を後ろに突き出す。(後傾とは違う)」とか、「大回りターンのときはストックを突かない方がいい。」など、密度の濃い2時間を過ごした。

半日レッスンはここまで。

一日レッスンは、午後から小回りターンなどを教えてくれるらしいが、たとえ申し込んだとしても、これ以上知識が頭に入らない。

三連休ということもあり、ゲレンデはリフト待ちのスキーヤーやボーダーでものすごいことになっているし、今回のスキーはここで終了することにした。

次回は、シーズン初めにスクールで基礎を教えてもらい、シーズン中、実際に滑りながら頭の知識を体に覚えこませていくのが効率的だろう。

そして、今回改めて感じたのは、他人から何かを教えてもらったのは久しぶりだということ。

かみさんはスクールに入ってすごく勉強になったと言っていたが、私は「なんで今さら教わらなくちゃいけないの?」といった気持ちを心の奥で感じており、スキーを教わっているのか、自分と戦っているのか、わからなくなる場面もあった。

人の意見を素直に聞く姿勢は、意識しないと退化するのかもしれない。

 

Dscn0066
↑レッスン終了直後のベースゲレンデ。すごい人数のリフト待ち。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

上越国際 2018

Dscn0049jpg_1

今シーズン初の上越国際は、もちろん一泊で。

宿泊先は、いつもの「かつもと館」。

常連と呼ばれるほど泊まってはいないけど、ここにくると「帰ってきた」と感じるようになった。

いつもの部屋と、いつもの人たち。

ホテルにはない居心地のよさが、ここにはある。

さて、肝心のスキーは好天にも恵まれ、広大なエリアを一日かけて滑りまわった。

ただし、ゲレンデのレストランは相変わらず混雑がすごいので、昼食は早い時間に済ました方がいい。

夕食時は新潟の地酒、鶴齢(かくれい)で乾杯。

のんびり飲んでいると宿の親父さんにせかされてしまうので、早々に食事を切り上げ、部屋で飲みなおし。

親父さんも含めての「かつもと館」である。

食って飲んで、とっとと寝て、次の日は朝食をいただいたらさっさと帰る。

元気な子供たちには物足りないかもしれないけど、おじさんは大満足なのであった。

 

Img_4051
↑東京の酒屋で紹介してもらった「エラスリス・エステート・ピノノワール(チリワイン)」。条件は飲み残しても持って帰ることができるようにコルクじゃないこと。通じゃないので、これで十分。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »