« スキースクール(たぶん初めて) | トップページ | 車庫入れが苦手 »

2018年3月 5日 (月)

かたしな高原スキー場 2018

Dscn0078

2月の週末、今シーズン初のかたしな高原スキー場へ。

平昌オリンピックが佳境に入っているからだろうか、関越道は今シーズン最も混んでおり、車線がひとつ減少する前橋では、渋滞で車がまったく動かなくなった。

それでも朝8時には本日の宿「山楽荘」へ到着し、大半の宿泊客が尾瀬岩倉へ向かう中、我々のチームはスキーヤー専用のかたしな高原スキー場へ送ってもらう。

川場スキー場の高速リフトに慣れてしまうと、普通のリフトがのんびり感じられるけど、その分、リフトの上で休むことができるので、おじさんのひざには優しい。

今回は泊りがけということもあり、一日しっかりと滑りきるつもりだったが、親も子供も体力を使い果たし、午後3時にはレンタルスキーを返却。

宿の送迎バスが来るまでのあいだ、しばらく食堂で休憩した。

夜は、今回のもうひとつの目的でもある、群馬の地酒「譽國光(ほまれこっこう)」で夕食をいただき、早々に満足して寝てしまった。

 

Dscn0070_2
↑スノーボードを受け入れないリスクは大きいだろう。がんばれ。

 

|

« スキースクール(たぶん初めて) | トップページ | 車庫入れが苦手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172066/66455774

この記事へのトラックバック一覧です: かたしな高原スキー場 2018:

« スキースクール(たぶん初めて) | トップページ | 車庫入れが苦手 »