« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月25日 (月)

XPS-M1330 の処分と HDD データ消去

Dscn0391

DELLのノートパソコン、「XPS-M1330」を処分することにした。

ネットやスキャナ程度ならまだ使えるんだけど、Dropbox というクラウドフォルダサービスが Windows Vista のサポートを終了し、デスクトップPCやスマホで更新したファイルを閲覧したり、更新することができなくなった。

ネットで調べると、M1330 には Windows 10 がインストールできるらしいのだが、ドライバ類の更新が少々面倒らしい。

デスクトップPCは、部品をプラモデルのように組み立てて、空のHDDへOSをクリーンインストールするだけなので、自分の乏しい知識でもなんとかできるのだけれど、ノートPCは各部品がそのマシン専用にカスタマイズされていて、素人の手には負えないような気がする。

ウイルスバスターも Windows Vista のサポートを終了したし、新しいノートPC買っちゃったし。

そんなわけで、M1330 を DELL に引き取ってもらうべく排出方法を調べていくと、

「お客様は、排出コンピュータの引渡しまでに、お客様の責任において、プログラム・データ等を全て消去してください。弊社では回収後物理的に破壊しておりますが、それらの破壊・漏洩等について、一切の責任を負いません。」

との注意書きが。

幸い M1330 の HDD は2.5型SATAの汎用品が入っていて、ネジを4本外すだけで本体から取り出すことができる。

取り外したHDDを玄人志向のHDDケースに入れて、デスクトップPCとUSBケーブルで接続し、EaseUS Partition Master Free というフリーソフトを使ってデータを消去した。

EaseUS Partition Master Free は、HDDの複製を作ったり、データを消去したりするには、非常に便利なフリーソフト。

唯一残念なのは、ダウンロード時に入力するメールアドレスへ、全文英語の製品紹介メールが届くこと。

せめて日本語に翻訳されていると、有償版の購入を検討する人が激増するような気がするのだけど。

消去作業を念のため2回行い、まっさらになった HDD を M1330 に戻す。

空き箱へ梱包し、DELL から送られてきたゆうパック伝票を張り付けて郵便局へ持っていけば、作業完了。

モバイルデータ通信カードを契約して、外出時に持ち歩いたこともあった M1330 だけど、最後は拍子抜けするほどあっけない。

 

◆DELL のコンピューターリサイクルサービス

https://www.dell.com/learn/jp/ja/jpcorp1/campaigns/environment-recycle-corp-jp

 

◆EaseUS Partition Master Free の日本語公式ページ

http://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html

1_2
↑ドライブを選択して、消しゴムボタンを押すだけでデータを消去してくれる、便利なフリーソフト。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

子供部屋・完成

Dscn0387

自分が使っていたサンルームを空けた。

息子が独立するまでの間、息子専用の部屋とするためだ。

リビングに隣接した2畳ほどの小さな部屋だけど、ガラスの引戸は布で間仕切りしてあって、リビングからの視覚を遮断できるし、電源、テレビアンテナ、LAN、電話線が接続可能なコンセントもある。

床のテラコッタタイルはヒンヤリ冷たく、夏でも扇風機だけで過ごすことができる。

多少気合が必要だけど。

 

週末にちまちま片付けても全くはかどらないので、平日に仕事を休み、朝から一気に片付けた。

片付けたと言っても、自分の物を物置部屋に移動しただけ。

机と本棚以外の本や雑貨類を運び出し、掃除機をかけ、壁紙の汚れは消しゴムでこすって落とした。

引っ越してから8年ほど経つけど、大事に使ってきたので、おおむね入居当時の状態に戻った。

子供部屋、完成。

自分だけの空間があるっていいものだ。

 

さて、自分と共に追い出された大量の「物」が、物置部屋に山積みとなっている。

この「物」たちがどうすれば片付くのか、まったく見当がつかないので、とりあえずパソコンだけは使えるようにした。

秘密基地のようだと言えば聞こえはいいが、6畳の部屋に人間のスペースは座布団1枚分。

相変わらず、スキャンとシュレッダーを繰り返している。

 

***

息子よいずれ独立するよね?

                ***

Dscn0379
↑お気に入りのブックシェルフもそのままに。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

スキャン&シュレッダー

Dscn0369

英会話教室のティムは、イギリスからバックパックひとつでやってきて、日本で生活している。

そして自分は、上京してから貯めに貯めた、大量の物に埋もれて暮らしている。

片付けることができないし、捨てることもできない。

片付けや断舎利の本をいろいろ読んだけれど、どの本にも、まずは物の数を減らせと書いている。

ま、そのとおりだろう。

そんな中、息子が自分の部屋を欲しがっている。

現在、息子の勉強机は和室にあるのだが、和室は洗濯した衣類の物干し場を兼ねており、机で勉強している形跡は、まったくない。

自分専用のスペースが欲しいのだ。

もう中学生だし、自分の部屋が欲しい気持ちはよくわかるけど、空いている部屋は、ありとあらゆる物が置いてある物置部屋がただひとつ。

物置部屋を子供部屋とすることは不可能なので、このマンションを購入する決め手となった、自分の部屋として使っているサンルームを明け渡すことにした。

しかし、サンルームを明け渡すには、サンルームの物を物置部屋へ移動しなければならないが、あいにく物置部屋にはスペースがない。

こんなことなら、ローンを上乗せして、もっと間取りの多いタイプを検討すべきだったかもしれない。

いろいろ悩んだすえ、まずは紙類をデータに変換してみることにした。

物置部屋に古いノートパソコンを持ち込み、山積みになっている何年も前の年賀状や色あせた写真、様々な書類をスキャナでデータ化していく。

スキャンが終わったら、シュレッダーにかける。

この方法なら物を減らすことができそうだ。

時間はかかるけど。

幸い、息子は中学生になってから部活や宿題が忙しく、遊びに出かける暇がない。

このため、週末は物置部屋に引きこもり、スキャンとシュレッダーに明け暮れている。

 

***

子供部屋できあがるのはいつの日か

                     ***

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »