« XPS 8300 再び Windows 10 へ | トップページ | 飛騨高山方面バスツアー »

2018年8月 9日 (木)

垂乳根のイチョウ

Img_4466

夏休みを利用して、実家へ帰省した。

息子は、夏休みの部活のスケジュールがなかなか判明しないため、切符の手配ができず、いつもの新幹線での帰省を断念して、レガシーで帰ることに。

片道 700km 弱の長距離を運転するのはかなり大変だけれど、いつでも出発することができるし、荷物も大量に持っていくことができる。

交通費も2人以上の場合は自動車のほうが安いし、高速道路の休日割引や深夜割引を適用できれば、もっと安くあげることができる。

金はかかるけど速くて安全な新幹線か、安いけど事故や取り締まりや体力など様々なリスクのある自動車かは、その時の状況次第。

でも、自動車の最大の利点は、知らない人と一緒に過ごさなくてもいいこと。

人混みは、毎日の通勤で精いっぱいだ。

今回は、かみさんも同行してくれるので、もしもの時は運転を代わってもらえると思ったのだが、どうやらかみさんは運転免許を忘れたらしい。

人間、思っているだけでは、相手に気持ちは伝わらない。

 

実家に滞在中、青森市の「三内丸山遺跡」と、深浦町にある「青池」を観光した。

いつもは、実家へ帰っても観光なんてしないのだが、普段、「時間がない」が口ぐせのかみさんを実家で退屈させるわけにはいかない。

「三内丸山遺跡」は、雨にもかかわらず、なかなか盛況な客足であった。

「青池」は、なるべく人のいなそうな場所を選んだつもりだったが、外国人観光客が大型バスで次から次へとやってきて、ここが日本だということを失念してしまいそうな勢い。

観光地に、静けさを求めてはいけないと思った。

 

Img_4441
↑三内丸山遺跡のシンボル、見張り台。

Dscn0392
↑深浦町にある十二湖の中のひとつ、「青池」。なんと池の色が青い。

Dscn0418_2
↑「両面シダ」というらしい。葉の表と裏の見分けがつかない、きれいなシダ。

Dscn0433
↑深浦町の「千畳敷海岸」。

Dscn0456
↑北金ヶ沢にある日本一の銀杏、「垂乳根のイチョウ」。樹齢1000年以上、高さ31m。遠くから見ると、ただの森。

Dscn0452
↑垂乳根(たらちね)が見事な幹回りは、怒涛の22m。どのように計測すれば22mになるのかについては、案内看板に記載なし。

 

|

« XPS 8300 再び Windows 10 へ | トップページ | 飛騨高山方面バスツアー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172066/67033606

この記事へのトラックバック一覧です: 垂乳根のイチョウ:

« XPS 8300 再び Windows 10 へ | トップページ | 飛騨高山方面バスツアー »