« 安達太良山 2018 | トップページ | あだたら渓谷自然遊歩道とアクアマリンふくしま »

2018年9月24日 (月)

至仏山 2018

Dscn0498

尾瀬ヶ原を高いところから眺めてみたいと思った。

尾瀬には、燧ケ岳(ひうちがたけ)と至仏山(しぶつさん)という、登ることのできる山がふたつある。

燧ケ岳は大清水の駐車場からだいぶ距離があり、山小屋へ一泊する必要がありそうだけれども、至仏山の方は、鳩待峠から直接アクセスすれば日帰りでも登ることができそうだし、尾瀬ヶ原から見た感じだと、山の傾斜もだいぶゆるそうだ。

安達太良山から二日後の平日、朝の3時に家を出発する。

息子は学校があるので、今回は一人で登る。

平日の6時半に戸倉の第一駐車場へ到着したのに、すでに280台の駐車場の半分近くが自家用車で埋まっている。

改めて、尾瀬の人気はすごいと思う。

乗り合いタクシーで鳩待峠まで行き、ほとんどの人が尾瀬ヶ原へ降りていく中、ひとり至仏山の登山口から登り始める。

雨は降っていないけど、早々に深い霧がかかる。

登山者にはポツポツと出会う程度だし、視界が悪くてなんだか心細い。

そのうえ、標高が上がってくると、ゴロゴロした岩が多くなってきて、岩をよじ登る場所も出てくる。

尾瀬ヶ原から見える至仏山とは、ずいぶん様子が違う。

引き返そうかどうしようか迷いだしたところで、山頂標識を発見。

喜んで写真を撮り、早々に帰ろうとしたところ、他の登山者がさらにその先へ進んでいく。

至仏山から「山ノ鼻」への道は、下り禁止なはずではと思いきや、標識をよく見ると「小至仏山」と書いてある。

なんと、至仏山の山頂はまだ先のようだ。

緊張の糸が切れてしまったし、どうしようか迷ったが、自分の少し前をご年配のグループがゆっくりと先へ向かうのが見えたので、離れてついていくことにした。

小至仏山から至仏山の間にも大きな岩が点在しており、視界が悪いうえに風まで出てきた。

昨年の八甲田山で猛烈な強風を経験して以来、少しの風でも怖いと思うようになった。

心臓がドキドキする。

それでも、先行するご年配グループを心の支えに、岩をよじ登り、至仏山の山頂に到着。

尾瀬ヶ原どころか何も見えなかったけれども、安達太良山と同様、次回へのお楽しみとして山頂を後にする。

山頂から鳩待峠へ下る途中、山の中腹あたりで一瞬だけ雲が切れ、尾瀬ヶ原が見えた。

今シーズン初めて目にする尾瀬ヶ原は、すでに草紅葉が始まっている。

昨シーズン、ぜひとも尾瀬ヶ原の水芭蕉を見に来ると心に誓ったはずなのに、今シーズンは水芭蕉どころか、尾瀬ヶ原さえ歩かず仕舞いだった。

相変わらず深い霧の中を歩き、12時半に鳩待峠へ到着、約5時間半の歩行であった。

霧がかかっているときは、地形が変化に富んでいる「アヤメ平」方面を往復した方が楽しめるかもしれない。

尾瀬といえば木道という、自分の中のイメージが大きく変わった、今回の至仏山であった。

 

Img_37402017
↑尾瀬ヶ原から見た至仏山(2017年撮影)。左のピークが小至仏山、右側が至仏山の山頂と思われる。

Dscn0479
↑鳩待峠の至仏山登山口。

Dscn0482
↑登山口から登り始めると、早々に深い霧に覆われる。

Dscn0492
↑途中に小さな湿原がひとつだけある。

Img_4672
↑岩が多くなり、これまでの木道の道とは様子が一変する。

Img_4676
↑ようやく到着したと思いきや、ここは小至仏山の山頂(標高2162m)。

Img_4682
↑至仏山へ登るには、こんな場所を登ることに。

Img_4683
↑至仏山の山頂近く。心細い。

Img_4685
↑至仏山の山頂に到着(標高2228m)。

Img_4692_2
↑至仏山の山頂から、尾瀬ヶ原方面を望んでいる、はず。

Img_4686
↑尾瀬ヶ原の「山ノ鼻」から延びる登山道は、植生保護のため下り禁止。

Img_4698
↑山頂近くは、ちらほらと紅葉が始まっている。   

Dscn0499
↑無事に鳩待峠へ到着。

 

|

« 安達太良山 2018 | トップページ | あだたら渓谷自然遊歩道とアクアマリンふくしま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172066/67182566

この記事へのトラックバック一覧です: 至仏山 2018:

« 安達太良山 2018 | トップページ | あだたら渓谷自然遊歩道とアクアマリンふくしま »